【懐かしい】エモくておしゃれな《Courreges(クレージュ)》に再ブームの波が到来中!
2020/11/17
11188 VIEWS

【懐かしい】エモくておしゃれな《Courreges(クレージュ)》に再ブームの波が到来中!

Photo by:www.instagram.com

90年代に一斉を風靡したCourreges(クレージュ)。アイコニックなロゴに見覚えがあるという方も多いのでは?90sファッションがここ数年のトレンドになっている流れで、クレージュのレトロなルックスがかわいい!と人気が再上昇しているんです。

まずはブランドヒストリーをおさらい✔

第1次ブーム:60年代

1961年、パリで設立されたクレージュ。パンタロンやミニスカートなど革新的なルックが爆発的なブームをよび、一流ブランドとして名を馳せました。

第2次ブーム:90年代

80年代には低迷したものの、90年代にブーム復活。90sのスポーティな要素と60sのフューチャリスティックな要素が融合したデザインが大人気となり、日本でも大人から少女まで多くの女性から支持を集めました。

Talk women01

筆者はいま26歳ですが、懐かしすぎる!!小学生のとき、大人っぽい女の子のペンケースはクレージュが定番で、ひそかに憧れてたなぁ…。

第3次ブームへ…

そしてここ数年、90sリバイバルの流れもありクレージュの第三次ブームが到来しているんです。古着屋さんでもヴィンテージクレージュはもはや争奪戦状態!

国内外のインフルエンサーがクレージュを着用し、肌感でビシビシ感じるブームの波。それを証拠付けるように、クレージュの人事も本気ムードが高まっています。

2018年に元Acneのクリスティーナ・アトラーがCEOに就任し、2021年からはクリエイティブディレクターに元ルイ・ヴィトンのニコラス・デ・フェリーチェが就くことが決定。これは期待するしかありません!

クレージュのウェアをとことん楽しむ♡

Talk women01

ヴィンテージショップで探すのもいいけど、新しいクレージュも見てみたい!ということで、おしゃれコーデとともに新作アイテムをご紹介していきます。

カラフルなニットで90s海外ドラマのヒロインを気取って。ボトムスはもちろんヴィンテージなインディゴデニムで決まり。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

アイコニックなビッグロゴはリラクシーに着こなすのが洒落見えのコツ。フラワー柄のパンツを合わせてファンシーな遊び心をオン。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

サイケな色彩、ミニスカート、ジオメトリック…60sのエッセンスをたっぷり詰め込んだスタイルは、後ろ姿も抜かり無くレトロ。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

メンズライクな白Tにはエッジィなジャケットをラフに羽織るのが正解。気分はまるでグランジロックバンドのボーカル!

気軽に取り入れるならバッグから

エナメルのようなツヤツヤのレザーは、懐かしのスポーツバッグを思い出す!?アクセサリー的に持てるミニなサイズで今年っぽいムードに更新。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

こういう形のショルダーバッグ、昔はみーんな持ってた!淑女風のチェックドレスに、クレージュお得意のフューチャリスティックなシルバーが映えます。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

シンプルなナイロンバッグだって、クレージュのロゴがあればおしゃれ顔。オードリー・ヘップバーンが着ていたようなミニドレスで60sレディに決めて。

懐かしさで胸がいっぱい!

「懐かしい…」としみじみしたオトナ女子も、逆に「このデザイン新しい!」感じたフレッシュ女子も、カムバックして生まれ変わったクレージュでレトロルックに挑戦してみませんか?

Courreges(クレージュ) のアイテムをもっと見る

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

AYA

EDITOR / AYA

女性らしさと個性を大切にする貴女へ、ワンランク上の装いをお届けします。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧