CLIO(クリオ)のクッションファンデ「キルカバーシリーズ」全7種を徹底比較!
2021/01/17
879 VIEWS

CLIO(クリオ)のクッションファンデ「キルカバーシリーズ」全7種を徹底比較!

Photo by:www.instagram.com

CLIO(クリオ)のクッションファンデの中でも特に人気のキルカバーシリーズ。カバー力の高さと種類の豊富さが魅力ですが、「種類が多すぎてどれを買えば良いかわからない…」という方も多いのでは?そこで今回は、キルカバーシリーズ全7種の特徴やおすすめポイントを詳しくご紹介します!

キルカバーシリーズのカラー展開

出典:www.buyma.com

Talk women01

キルカバーシリーズは4色展開です。02はピンク系、03はイエロー系の明るめカラーで、04が標準色、05が少し暗めのカラーとなっています。

高いカバー力が魅力のキルカバーシリーズ

キルカバー ファンウェアクッションXP

紫外線対策:SPF 50+ PA+++

仕上がり:セミマット

ファンウェアクッションXPは、一番人気の定番クッションファンデ。セミマットな仕上がりですが乾燥しにくく、密着度の高さとハイカバーな点も魅力です。ワンランク上の圧倒的なカバー力で、くすみや黒ずみ、色ムラなどの肌悩みもしっかりとカバーしてくれます。

出典:www.buyma.com

3つのポイント

①48時間のカバー持続力

既存のクッションファンデより長い48時間のカバー持続力を実現。汗・皮脂によるヨレやテカリを防止し、メイク仕立ての綺麗な肌をキープしてくれます。

②メイク時間を短縮できる

軽くパッティングするだけで毛穴や凹凸をしっかりカバーし、ムラのない均一な肌に仕上がるので、忙しい朝でも綺麗な肌をつくることができます。

③肌にやさしくフィットし、ピタッと密着

なめらかな肌触りで肌に負担がかからず、やさしくフィットして密着力を高めてくれます。

こんな方におすすめ

✔️カバー力の高いクッションファンデが欲しい

✔️忙しい朝、ベースメイクを簡単に綺麗に仕上げたい

✔️セミマットな仕上がりが好み


キルカバー 光彩(グロウ)クッション

紫外線対策:SPF 50+ PA++++

仕上がり:ツヤ

“太陽の光を浴びたような潤いに満ちたツヤ感”が魅力のグロウクッション。7つの宝石成分(アメジスト末、パール末、サンゴ末、トルマリン、コハク末、ヒスイ:ネフライト末、ルビー末)が含まれており、華やかなうるツヤ肌を演出してくれます。

出典:www.buyma.com

3つのポイント

①崩れにくい保湿密着力

コラーゲン成分がヒアルロン酸の潤いをキープするので、乾燥することなくしっとりツヤ肌を保ってくれます。

②カバー力の高さとツヤ感の両方が手に入る

キルカバーの優れたカバー力にスキンケア成分をたっぷり加えることで、カバーとツヤを同時に叶え透明感のあるハリツヤ肌へと導いてくれます。

③ナチュラルな立体感を演出

肌のキメに沿ってほのかなツヤ感を与えて毛穴の凹凸やシワを自然にカバーし、ふっくらとした肌に仕上げてくれます。

こんな方におすすめ

✔️肌の内側から滲み出るような、リアルなツヤ感を演出したい

✔️カバー力とツヤ感の両方を手に入れたい

✔️薄づきで密着力の高いクッションファンデが欲しい


キルカバー コンシールクッション

紫外線対策:SPF45 PA++

仕上がり:マット

コンシーラー並みのカバー力が特徴のコンシールクッション。全てを均一にカバーしてくれるので、韓国人のような肌を表現できます。ノンケミカル処方とティーツリー成分配合で、敏感肌の方でも安心して使用できるのが嬉しいポイント!

出典:www.buyma.com

3つのポイント

①コンシーラーいらずのカバー力

薄づきなのにコンシーラー並のカバー力&密着力で、二層構造スポンジの中に含まれたリキッドが肌の赤みやくすみをしっかりとカバーしてくれます。

②長時間崩れない持続力

空気のように軽い皮脂コントロール粒子が皮脂や汗を抑え、化粧崩れを防いでメイク仕立ての肌を長時間キープしてくれます。

③紫外線や乾燥から肌を守り、鎮静効果で美肌ケア

敏感肌でも安心して使用できるノンケミカル処方。紫外線からやさしく肌を守り、ティーツリー成分で肌をすこやかに整えてくれます。

こんな方におすすめ

✔️とにかくハイカバーなクッションファンデが欲しい

✔️メイクしながらスキンケアしたい

✔️マットな仕上がりが好みだけど保湿もしたい


キルカバー シカセラムクッション

紫外線対策:SPF50+ PA+++

仕上がり:ツヤ

シカセラムクッションは、シカ&ヒアルロン酸成分で肌を落ち着かせてくれる鎮静クッション。みずみずしい水分セラムがシワや毛穴の凹凸を埋めてしっとり密着カバー。キルカバーシリーズのカバー力はそのままに、自然なツヤ感を演出してくれます。

出典:www.buyma.com

3つのポイント

①長時間しっとりとした肌を持続

ヒアルロン酸成分が水分膜をつくり、長時間しっとりとしたツヤ肌を表現してくれます。

②肌荒れをカバーしながら鎮静ケア

シカ成分が配合されているので、乾燥やマスクで荒れた肌をカバーしながら鎮静ケアも期待できます。

③7角形のパフ

それぞれ微妙に角度の違う7角形のパフがついているので、小鼻や目の下のシワ、二重ラインなどの細かな部分もしっかり塗ることができます。

こんな方におすすめ

✔️長時間ツヤ感のある肌を維持したい

✔️マスクによる肌荒れをカバーしながら鎮静したい

✔️しっとり感もカバー力も両方欲しい


キルカバー アンプルクッション

アンプルクッションは、名前のとおりアンプル(高濃度の美容液)のように高い保湿力が特徴のクッション。肌のバリア機能を補い、保湿成分を閉じ込める自然由来のセラミド成分が配合されているので、ひどい乾燥肌でお悩みの方や乾燥が気になる時期におすすめです。

出典:www.buyma.com

3つのポイント

①角度によって輝きが変化するアンプル効果

パールの光屈折率と光反射から発想を得た“グロウシミラーシステム”で肌を包み込み、肌悩みをカバーしてキメを整えてくれます。

②1日中しっとり高密度圧縮保湿

こだわりの保湿成分と自然由来のセラミド成分が肌の水分を補い、密度のある圧縮保湿を実現。精製水ではなくココナッツウォーターをベースにつくられているので、保湿力がさらにアップします。

③長時間ピタッと密着保湿

肌をやさしく包み込むスライディングパウダーでしっかりと保湿しながら、高い弾性ポリマーと付着力のあるポリマーの組み合わせで、密着力とキープ力を同時に実現してくれます。

こんな方におすすめ

✔️しっとりとしたツヤ感が欲しい

✔️ひどい乾燥肌で、とにかく保湿したい

✔️カバー力も密着力も両方欲しい


キルカバー ピンクグロウクリームクッション

仕上がり:ツヤ

ピンクグロウクリームクッションは、カバークリームとピンククリームの2種類に分かれたクリームタイプのクッション。2つのクリームを混ぜて使用するだけでなく、ピンククリームをくすみなどの気になる部分やハイライトとして使っても◎

出典:www.buyma.com

3つのポイント

①バームタイプのマルチクリームクッション

シミやそばかす、くすみなどの肌悩みを隠すカバークリームとトーンアップ、ハイライト効果のあるピンククリームがひとつになったクリームタイプのクッション。

②薄く繊細な密着力

なめらかなクリームテクスチャーが肌に薄く繊細に密着してくれるので、しっとりすべすべの肌を長時間キープします。

③長時間うるツヤ肌をキープ

6種類のセラミド成分がきめ細かな保湿バリアをつくり、乾燥を防いで長時間しっとり輝く光彩肌を演出してくれます。

こんな方におすすめ

✔️ヨレや崩れ知らずのしっとり肌を長時間キープしたい

✔️くすみをカバーしたい

✔️ヘルシー肌を演出したい


キルカバー フィクサークッション

紫外線対策:SPF50+ PA+++

仕上がり:セミマット

フィクサークッションは、ハイカバー&密着力の高さでマスクに付きにくいと噂の新作クッション。まるでフィクサーミストを振りかけたように優れた固定力で、メイク仕立ての状態を長時間キープしてくれます。細かい部分にも塗りやすい7角形のパフも魅力です。

3つのポイント

①崩れに強いフィクサーキープ

油分や水分に強いフォーミュラーなので、マスクを着用しても落ちにくいのが魅力です。

②内側はしっとり、肌表面はさらっと

セミマットな仕上がりですが、内側はしっとり、表面はさらっとしたベタつきのない肌に仕上げてくれるので、乾燥が気になるけどマット肌にしたい方におすすめです。

③薄づきで軽く密着

空気のように肌に軽く密着して、フィクサーを使用しなくても崩れず長時間きれいな肌をキープしてくれます。

こんな方におすすめ

✔️乾燥肌だけどマットな肌に仕上げたい

✔️マスクに付かないファンデーションを探している

✔️肌に負担をかけたくない

キルカバーシリーズ比較まとめ

CLIOの人気クッションファンデ、キルカバーシリーズ全7種を比較してみましたが、いかがでしたか?好みの仕上がりや肌悩みに合わせて選べるのが嬉しいですよね♡ 今回紹介したキルカバーシリーズだけでなくほかにもたくさんのクッションファンデが揃っているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

CLIOのクッションファンデーションをもっと見る

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Saki Katayama

EDITOR / Saki Katayama

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧