LDKの雰囲気が変わる♪おしゃれなダイニングライトの選び方
2021/11/01
4008 VIEWS

LDKの雰囲気が変わる♪おしゃれなダイニングライトの選び方

Photo by:www.instagram.com

ダイニングエリアになんだか味気なさを感じたら、照明を変えてみるのはいかがでしょうか。ただ食事を楽しむだけでなく、家族の団欒の場としても大事なダイニングエリアを明るくおしゃれな明かりで照らして、さらに温もりのある空間を作ってみませんか?

ダイニングをより明るく、おしゃれに演出するには「照明」がキー

家族が必ず集まる場所でもあるダイニングエリア。家族の団欒も楽しめる空間であるのはもちろん、おしゃれも追求してみたいけれど、ごちゃごちゃするのはちょっと…と感じている方も多いのでは?

ダイニングだけがらんとしてしまうのは嫌だけれど、ごちゃっとするのも避けたい…という場合におすすめなのがおしゃれな照明。テーブル上でもなく、収納場所上でもなく、天井付近にアクセントとなる照明があるだけで、ダイニングエリアがより華やかに見えますよ♪

ダイニングライトのおすすめの選び方

Talk women01

おしゃれなダイニングライトを選ぶ前に、意識しておきたい選び方ポイントを実例とともにチェックしていきましょう。

おすすめはペンダントライトorシーリングライト

ペンダントライト

種類豊富でおしゃれなデザインのものが多いペンダントライト。ペンダントのように、天井からライトを吊るして使う照明です。電球が剥き出しになったデザインも人気ですが、こちらのように傘がついたものならより広範囲を照らすことができます。

ペンダントライトをもっと見る

シーリングライト

日本の住居に大体備え付けてあるタイプに多いシーリングライト。ペンダントライトとは違い、引っ掛けて吊るす必要がないため、空間をより広く見せることができるのがメリットです。平らなものが多く、ペンダントライトと比べるとあまりデザインに幅はありませんが、より広範囲に光を届けてくれます。

シーリングライトをもっと見る

Talk women01

天井が低めのお部屋にはシーリングライト、デザインを優先して選びたい方にはペンダントライトがおすすめです。

明るさはテーブルの広さにあったものを選ぼう

ライトを選ぶ前に、まずテーブルの大方の大きさを把握しておきましょう。ライトが照らす範囲がテーブルよりも狭めの場合、テーブル上が暗くなりなんだか寂しい印象になってしまうためです。テーブル全体が明るく照らされるものを選んでおきましょう。

Talk women01

一つだけじゃ暗そう…という場合は、ペンダントライトなどを活用して複数の明かりを使うのもアリ!

Talk men01

コードで高さを調節できるものなら、明かりの範囲も調整しやすいですね。おすすめの位置はテーブルの上から70cmほどのポイント。ほどよく明るく、手元も顔も照らしてくれます。

ライトの色は「電球色」がおすすめ!

照明の主な色は、「昼光色」「白昼色」「電球色」の3つに分けられます。この中で最もダイニングエリアに適しているのが「電球色」。オレンジ味のある色合いで、空間に落ち着きを与えてくれるカラーリングです。暖かい雰囲気を演出できるのはもちろん、お料理をより美味しそうに見せてくれる色味なので、ダイニングエリアに特におすすめです!


日本の住宅の場合、大半のダイニングエリアがキッチンとほぼ隣接しているかと思います。もし、キッチンとの灯りが喧嘩しそう…と感じたら、キッチンのライトに近いライト色を選んでみるのも良いでしょう。

ライトの形はテーブルの形とテイストにマッチしたものを選ぼう

ダイニングライトを選ぶ際に、まず周りの家具の形やテイストをチェックしておくの重要。というのも、ライトは最も視界に入りやすいアイテムの一つ。他のインテリアアイテムと形やテイストが違うとライトだけ空間から浮いてしまうこともあります。

例えば、ダイニングテーブルが長方形なら、長方形に近い形のライトを選ぶのがおすすめ。形が似ているだけでも、空間の調和度がさらにアップしますよ。

ダイニングがもっと明るくおしゃれになる♪おすすめアレンジ方法

Talk women01

ダイニングライトの選び方をご紹介してきましたが、ここからはダイニングライトを設置した後にできるおすすめの空間アレンジ方法を見ていきましょう♪

あれ、暗い?なら、間接照明と組み合わせて照らしてみよう

ダイニングライトを新調したのは良いものの、なんだか明るさが足りないという場合、複数ライトを使いたいけれどタップが足りない、という場合もありますよね。そんな時に使えるのが間接照明!壁につけて使うタイプやスタンドタイプなどを活用すれば、壁に明かりが反射してさらに明るい空間を実現することができます。

フロアランプをもっと見る

リビングの明かりをより明るくしても◎

もし、リビングとダイニングの明るさのバランスが取れない場合は、リビングの明かりを少し明るめに調整してみるのもよい方法。隣接した空間の明かりを調整することで、ダイニングエリアにも灯りが届き、空間全体が明るく見えますね。

ライトと似た素材のインテリア小物を散りばめて統一感アップ

ライトとテーブルだけでなく、周りの小物もライトとテーブルに似た質感のもの・テイストのもので統一してみるのも素敵。空間の雰囲気がさらに落ち着きます。

Talk women01

たとえば、ウッド系のライトとテーブルならラタン小物やウッド小物、ガラス系のライトとテーブルならメタリックな質感の小物やガラスアイテムを周辺に散りばめてみる、という方法です。

間接照明の代わりにキャンドルをテーブルに置いても◎

ライトはおしゃれだけど、テーブル上が寂しいなと思った時や明かりが足りないなと感じた時に便利なキャンドル。こちらのようにテーパードキャンドルを置いてシャープなイメージを演出するなど、置くキャンドルによって印象を変えられるのも嬉しいポイントです。テーブルランナーをキャンドル下に敷いてさらに華やかな印象にしてみても良さそう。

Talk women01

食卓用キャンドルは、お料理の邪魔をしない無香ものがおすすめです。

キャンドルをもっと見る

テーブルリネンをもっと見る

お部屋に合ったダイニングライトでさらに洗練された団欒空間に

ダイニングエリアの明かりの選び方やおすすめのアレンジ方法をご紹介してきました。オレンジ味のある電球色のライトは家族の楽しい時間とおいしいお食事を暖かく照らしてくれます。デザインも素材もテーブルに合わせたものを選べば、より洗練された空間を演出するのに役立ちますよ。

Talk women01

Buymaでは日本では入手困難なおしゃれなライトを多く取り扱っています。ダイニング周りの雰囲気を変えるなら、ぜひBuymaをチェックしてみてくださいね♪

Buymaでおしゃれなライトをチェックしてみよう

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS編集部 2021/11/28更新,   初回公開日2021/11/01

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

関連記事一覧