【ハイブランド限定】”いざ”という日に持っておきたい!大人の「オケージョンワンピース」
2021/12/07
5449 VIEWS

【ハイブランド限定】”いざ”という日に持っておきたい!大人の「オケージョンワンピース」

Photo by:unsplash.com

特別なシーンに着る「オケージョンワンピース」こそ、大人なら”良いもの”を持っていたいですよね。流行に関係なく、いつ着てもステキに見える、ラグジュアリー感のある「オケージョンワンピース」を、自信を持って着こなせるハイブランドから厳選してご紹介します。

「オケージョンワンピース」とは?

「オケージョン」とは、英語の「occasion」のことで“場合”を差しますが、日本では、主に行事や儀式、冠婚葬祭などの「特別なイベント」に着るワンピースのことを「オケージョンワンピース」と呼んでいます。

Talk women01

日常とはちょっと違う、キチンとかしこまった行事の日に着るワンピース、ということですね!

キチンとした服装が必要なシーンは、仕事からプライベートまで色々ありますが、大人として必要な条件は、①肌が露出しすぎていないこと、②落ち着いた色合いであること、などが挙げられます。袖は半袖〜長袖、スカート丈は膝下、色も黒や紺、ベージュなど落ち着いた色を選ぶと万能に使えます。地味になりがちなオケージョンワンピースも、ハイブランドから選ぶことで、その上質な素材感と計算されたカッティングで、存在感のあるワンピ姿を手に入れることができます。

Talk women03

ハイブランドのワンピースなら、一時期の流行にとらわれない、独特のエレガントなデザインで、長く愛用できそう。早速気になる「オケージョンワンピース」をチェックしていきましょう!

上質ワンピースなら「シンプル」でも美しさが際立つ!

こちらは今人気絶頂の「The Row(ザ・ロウ)」のワンピース。極々シンプルなシルエットながら、首の詰まったデザインと、ストンと落ち感のいいシルエットが、ミニマルで美しい一着。体のラインを拾わないスカート部分で、オケージョンワンピースとして長く愛用できるデザインです。

オーケージョンワンピースとして使えるデザインが豊富に揃う「Max Mara(マックスマーラ)」は、さすが安定感のある大人なデザイン。動きやすい5部袖に、足さばきのいいフレアスカート、そしてスタイルアップ効果の狙えるベルト付きで、フォーマルシーンにも大活躍してくれそう。

「衿付き」でさらにキチンと感を

こちらは「Max Mara(マックスマーラ)」のシャツ型ワンピース。少し光沢感のあるシルク素材と、ボリューム感のあるフレアデザインで、デイリーユースのシャツワンピとは一線を画す一着。目上の方と会う日や、大切な仕事の日などにぴったりのワンピースです。

日中に明るさのあるワンピースが必要なら、こんなホワイトのワンピースもオススメ。こちらはイタリア発ブランド「ELISABETTA FRANCHI(エリザベッタ フランキ)」の衿付きワンピース。エレガントな印象に仕上がるので、オフィシャルなイベントに最適です。

襟付きドレス・ワンピース一覧

「透け素材&レース 」なら華やかさも満点!

今世界中のインフルエンサーが注目しているブランド「ZIMMERMANN(ジマーマン)」のワンピース。上品なシルエットのワンピースも、ほのかな透け感が軽やかに見せてくれるディテールに凝ったデザイン。色もネイビーで、知的かつ清潔感を持って着られるのがポイントです。

夜のお出かけや、結婚式など、華やかなシーンなら、繊細レースが得意な「SELF PORTRAIT(セルフポートレイト)」のワンピースを。透け感があっても、長袖&長めの膝下丈で、フォーマル感もバッチリ。エレガントかつ品良く存在感を発揮できる一着です。

レース素材×ドレス・ワンピース一覧

裾だけ「アシメトリー」なデザインで個性をアピール

こちらもオーストラリア発ブランド「ZIMMERMANN(ジマーマン)」のワンピース。裾がアシメトリーになったデザインだと、一気に華やかさがアップします。凝ったディテールのワンピースですが、しっかり長さのある袖とスカート丈でオケージョンワンピースとして相応しいデザインです。

こちらは、結婚式から、かしこまった食事会などにピッタリな、「MARNI(マルニ)」の淡いピンクのワンピース。甘い色合いでも、アシメトリーな裾が、大人っぽくクールにに見せてくれるのが魅力。ベージュや白系の靴とバッグを合わせるのがキレイに見えるポイントです。

アシンメトリー ×ドレス・ワンピース一覧

「背中開き」タイプで品良く女らしさを演出

夜のお出かけなら、少し大胆に背中が開いたワンピースでも。こちらは「VICTORIA BECKHAM(ヴィクトリアベッカム)のデザインで、フロントから見ると、ハイネックデザインのワンピースに見えますが、バックは縦長に入ったスリットで背中が覗くタイプ。上品さと女らしさの絶妙なバランスが、VICTORIA BECKHAM(ヴィクトリアベッカム)らしい一着です。

色合いの美しいキャメルのワンピースは「FENDI(フェンディ)」のもの。こちらも、フロントはボートネックのシンプルなシルエットですが、バックはかなり大胆にVに開いたデザイン。これだけ背中が開いていても、上品な色だからこそ清潔感を持って着こなせます。夜のディナーの席で映えるワンピースです。

バックコンシャス×ドレス・ワンピース一覧

ココ一番の日に自信が持てる一着は”いいもの”を選びたい

特別なイベントの日には、いつもよりちょっとだけ背伸びできる、ハイブランドのワンピースに身を包めば、自然と背筋もキレイに伸びそう。いざという日に備えて、是非お気に入りの一着を見つけてみてくださいね!

ワンピースを人気順でチェック!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

reiko.

EDITOR / reiko.

女性ファッション誌にてライターとして活動。その経験から、リアルに取り入れられる、ワンランク上のトレンドファッションをご紹介します。また長期にわたる海外生活で培った、海外トレンドの上手な取り入れ方もご披露します!

関連記事一覧