「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」が手掛ける、感性を揺さぶる旅へといざなう香り。5つのフレグランスを深掘り !
2022/04/13
440 VIEWS

「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」が手掛ける、感性を揺さぶる旅へといざなう香り。5つのフレグランスを深掘り !

Photo by:unsplash.com

言わずと知れたラグジュアリーブランド「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」が手掛けるフレグランス。以前から憧れてはいるものの、種類が多くて香りのイメージがなかなか掴めないという方へ、おすすめの香りを5つピックアップしてみました。

誰もが憧れる「LOUIS VUITTON」の香り。

トランク製造職人であった男性が1854年に自身の名を冠して設立させた、フランス発のラグジュアリーブランド「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」。
誕生から160年以上たった今もなお、世界中のファッション愛好家から深く愛されているのはもちろんのこと、“旅”をテーマに創造された上質な香りにも定評があります。

「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」のフレグランスは、厳選された稀少な原料たちが美しいハーモニーを奏でながら、感性を心地よく刺激してくれるのが大きな魅力。

香りの聖地として知られる南フランスの街「グラース」にアトリエを構え、“調香界のモーツァルト”と称される一流の調香師たち。その手によって生まれた芳香に、酔いしれてみてはいかがでしょうか ?

Talk women01

近年発売されたばかりの香りから、春夏にぴったりな香りまで5つのフレグランスを見ていきましょう !

① HEURES D'ABSENCE (ウール・ダプサンス)

1927年にメゾン初のフレグランスとして発表されて以来、時を経て蘇ったこちらの香りは“余暇の時間”という意味を持ち、旅先や別荘でのゆっくりと流れる穏やかな時間を想起させます。
まるで花の魂が宿っているかのようなロマンチックな香りで、憂鬱な気分を振り払って自分を解放したいときにもぴったり。


使われている香りはこちら

・ミモザ
・ジャスミン
・ローズ
・バルサム(ペルー産)
・サンダルウッド
・ムスクノート

この香りをもっと詳しく知るならこちら!

② SPELL ON YOU (スペル・オン・ユー)

LOUIS VUITTON (ルイ・ヴィトン)

2021年夏に登場したこちらの香りは、この上なく高貴な品種の「アイリス」を主役に、心躍る“恋人同士の駆け引き”が官能的に表現されています。
美しい花々が内に秘める魅惑的な二面性と、恋する女性の情熱的な姿や、心地良い緊張感がリンクする香りは、まさに頭から離れなくなる惚れ薬そのもの。


使われている香りはこちら

・アイリス(フィレンツェ産)
・ローズ(グラース産)
・ジャスミンサンバック
・アカシア(エジプト産)
・ムスク

この香りをもっと詳しく知るならこちら!

③ ON THE BEACH (オン・ザ・ビーチ)

LOUIS VUITTON (ルイ・ヴィトン)

ビーチの空に輝く“真夏の太陽”を彷彿とさせるこちらの香りは、砂浜や波の緩やかなうねりを感じさせるような、温かみのあるフレッシュな空気感が無限に広がります。
まだまだ肌寒い日が続いている時期こそ身に纏いたくなるような香りで、眩しい太陽に照らされているようなボトルカラーにもうっとり。


使われている香りはこちら

・柚子(日本産)
・ネロリ(チュニジア産)
・ハーブ
・サイプレス(ひのき)

この香りをもっと詳しく知るならこちら!

④ ÉTOILE FILANTE (エトワール・フィラント)

フルーティーで気品溢れる「金木犀」が主役を担うこちらの香りは、光を放ちながら夜空を駆ける“流星”という意味を持ち、幻想的なベールが肌を撫でるように包み込みます。
喜びと希望に満ちた奥行きのある香りで、御守りのような心強い存在になってくれること間違いなし。


使われている香りはこちら

・金木犀(中国産)
・マグノリア(中国産)
・ジャスミン(グラース産)

この香りをもっと詳しく知るならこちら!

⑤ DANCING BLOSSOM(ダンシング・ブロッサム)

LOUIS VUITTON (ルイ・ヴィトン)

近代建築三大巨匠のひとりとも呼ばれ、自由奔放で奇抜なアイデアが魅力の建築家、Frank Gehry(フランク・ゲーリー)とのコラボレーションによって2021年10月に誕生したこちらの香りは、香料の濃度が最も高い“エクストレ・ドゥ・パルファン”を現代風に再解釈した贅沢なコレクションです。
あえてトップノート・ハートノート・ベースノートの区別は無く、華やかでありながらも明るくスパイシーに弾ける無邪気な側面も感じられ、ひと吹きで空中庭園に渦巻く花びらのように濃密なムードを演出。

手作業で研磨されたミラーのような輝きを放つボトルキャップは、海風になびくヨットの帆や、海の波しぶきのように視覚に訴えかける形状になっていて、キャップの内側には「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」のモチーフが刻印されています。


使われている香りはこちら

・メイローズ(グラース産)
・ジャスミンサンバック(中国産)
・チュベローズ(インド産)
・金木犀(中国産)

この香りをもっと詳しく知るならこちら!

⑥SUN SONG(サン・ソング)

美しい日々のはじまりに高鳴る胸の鼓動、肌に降り注ぐ暖かな日差しをイメージし、光そのものであるかのような香りの中に夏の静謐さを閉じ込めた香り。愛と喜びを伝えるオレンジブロッサムに快活なレモンと包み込むようなムスクが香ります。ボトル&パッケージは、カリフォルニアのアーティスト アレックス・イスラエルがデザインし、永遠の夏を讃えるのに相応しいポップな色彩を選び、喜びを歌い上げるようなイメージだそう。


使われている香りはこちら

・オレンジブロッサム
・レモン
・ベルガモット
・ネロリ
・ジャスミン
・ムスク

この香りをもっと詳しく知るならこちら!

トラベルスプレーセットも!

ルイヴィトンの香りを試したいときは、7種のフレグランスを詰め合わせたセットはいかが?既に廃盤となった、希少な初期アイテムです。

Talk women01

ローズ・デ・ヴァン、タービュランス、ダン・ラ・ポー、アポジェ、コントロモワ、マティエール・ノワール、ミルフーの7種となります。

いかがでしたか ?

ブランド設立当初から大切に受け継がれてきた職人技や伝統、そして“旅の真髄”が反映された「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」の極上の香りを、ぜひ皆さんもご体感ください。

ルイヴィトンの香水をもっと見る

あなたにおすすめの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS編集部 2022/06/01更新,   初回公開日2022/03/13

NTM

EDITOR / NTM

元👉外資系化粧品メーカー美容部員
Make/Skincare/Perfume 海外化粧品マニア ♡
✏>>>> Beauty lighter

関連記事一覧