【2022年メンズトレンド番付】上半期にヒットした「キャップ・バケハ・帽子」ブランドTOP10
2022/07/21
12053 VIEWS

【2022年メンズトレンド番付】上半期にヒットした「キャップ・バケハ・帽子」ブランドTOP10

Photo by:www.buyma.com

今年の夏はハット・帽子がコーデの中心になりそうな予感!この夏欲しい、激熱ハットたちをランキング形式で発表致します◎

Talk men01

2022年の夏ファッションは、“ハット”に全振りするべし!おしゃれメンズたちがリアルに買っているハットを覗いてみましょう☟

10位 HUF(ハフ)

スケートボーダーでもあるKeith Hufnagel(キース・ハフナゲル)によって、NYでスタートしたHUF(ハフ)。スケーターだけでなく、ストリート系やスニーカーカルチャーを取り入れたNYスタイルを楽しめます。

Talk men01

ハフのハットは、シンプル~派手柄まで幅広いデザインを取り揃えています。ロゴも露骨でなく、知る人ぞ知る感もあるのでおすすめ!BUYMAなら、アメリカ現地セール価格でGET出来るチャンスもあります◎

HUF(ハフ)のハット・帽子をもっと見る

9位 Saint Laurent(サンローラン)

モードな雰囲気のSaint Laurent(サンローラン)とNew Era(ニューエラ)のコラボは毎回完売になるほどの人気!ラグジュアリーな気分を味わえるハットが、揃います◎

Talk men01

ブランドロゴが流行中の今、話題のコラボハットは是非GETしたいところ。「YSL」のロゴが映えるスポーティなキャップです◎

Saint Laurent(サンローラン)のハット・帽子をもっと見る

8位 THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

アウトドアブランドと言えば、THE NORTH FACE(ザノースフェイス)!抜群の機能性とミニマルなデザインで、通勤でも使いやすいのが魅力です。

Talk men01

キャンプブームの中、日焼け対策が出来る帽子はマストアイテムかも⁉撥水加工がされているので、雨の日でも使いやすいです。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)のハット・帽子をもっと見る

7位 Ron Herman(ロンハーマン)

芸能人も愛用しているセレクトショップ・Ron Herman(ロンハーマン)。サーフマインドなハットは、夏のコーデに華を添えます◎

Talk men01

人と被らないハットなら、ロンハーマンで探すのがおすすめ◎日本では中々手に入らない帽子をGET出来ます!

Ron Herman(ロンハーマン)のハット・帽子をもっと見る

6位 Ralph Lauren(ラルフローレン)

アメリカントラッドな雰囲気を味わえる、Ralph Lauren(ラルフローレン)。豊富なカラーで彩られているポロ刺繍のキャップは、Y2Kが流行中の今欲しい一品です。

Talk men01

ラルフローレンの帽子の魅力は、様々なファッションに馴染むところ。またBUYMAなら現地価格で、お買得にGET出来ます◎

Ralph Lauren(ラルフローレン)のハット・帽子をもっと見る

5位 WOOALONG(ウアロン)

韓国発のストリートブランド、WOOALONG(ウアロン)。ラグジュアリー×ストリートを組み合わせた世界観は、K-POPアイドルを中心に人気です◎

Talk men01

ウアロンのキャップは、クールなコーデに合わせたいものばかり。シルエットもシャープで顔周りをすっきり見せてくれます。

WOOALONG(ウアロン)のハット・帽子はこちら

4位 VARZAR(バザール)

K-POPアイドルたちがこぞって着用したことで、人気に火が付いたVARZAR(バザール)。韓国らしい深めのバケットハットは、日焼け対策にも効果的と注目を集めています。

Talk men01

最初は、レディースで人気だったバザールですが、使い勝手の良さとシンプルなデザインで、メンズでもランクイン!コットン素材で、快適さにこだわり抜いたハットが3,000円台でGET出来るのも嬉しいポイントです。

VARZAR(バザール)のハット・帽子はこちら

3位 Supreme(シュプリーム)

ストリートブランドの王者と言えば、Supreme(シュプリーム)のハットは外せない。イケてるコラボアイテムは瞬く間に完売するほど、“プレミア度”も高めです。

Talk men01

シュプリームって、キャップ、バケハ、ビーニー全部おしゃれなんですよね…。日本では中々GET出来ないモデルも、海外買付に特化したBUYMAなら気軽に買えるのでおすすめ。おしゃれメンズが1つは持っているシュプリームのハットは、全部欲しくなるほどです!

Supreme(シュプリーム)のハット・帽子はこちら

2位 STUSSY(ステューシー)

“サーフ&ストリート”のムードで、幅広い年齢を魅了するSTUSSY(ステューシー)。定番のロゴから、このシーズンでしかGET出来ないデザインまで…。ステューシーのハットは見出したら、“沼にハマる”こと間違いなし!

Talk men01

ステューシーのハットは程良い存在感で、流行り廃りなく楽しめるハットが豊富です◎デザインのバリエーションも多様で、日替わりでハットを被るのも楽しそう!

STUSSY(ステューシー)のハット・帽子をもっと見る

1位 New Era(ニューエラ)

日本でも大人気のNew Era (ニューエラ)ですが、実はアメリカのMLB(メジャーリーグベースボール)唯一の公式キャップのメーカーです。1980年代に野球ファンたちの間で選手と同じキャップを被ることが流行したことで、世界規模のハットメーカーへと成長しました。

Talk men01

堂々一位は、文句なしのニューエラ!ストリート、ヒップホップなどメンズファッションとの親和性も高め。豊富なカラーはもちろん、ユニークなデザインも多く、“人気だけど被りにくい”ハットを探すのにぴったりです。

New Era(ニューエラ)のハット・帽子をもっと見る

いかがでしたか

どのハットも魅力的で迷いますね。夏本番の今こそ欲しいハットを是非、GETして下さい✓

ハット・帽子を今すぐチェック

ランキングまとめ

1位 New Era(ニューエラ)
2位 STUSSY(ステューシー)
3位 Supreme(シュプリーム)
4位 VARZAR(バザール)
5位 WOOALONG(ウアロン)
6位 Ralph Lauren(ラルフローレン)
7位 Ron Herman(ロンハーマン)
8位 THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
9位 Saint Laurent(サンローラン)
10位 HUF(ハフ)

対象期間:2022年1月‐6月
※海外通販BUYMA(バイマ)の売上ビッグデータから前年同期間比で伸び率が高いものをランキング化しました。

あなたにおすすめの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS編集部 2022/07/22更新,   初回公開日2022/07/21

Agnes

EDITOR / Agnes

ファッションとコスメフリークな東京都20代女性。トレンドを意識しつつ個性的なファッションを提案していきたいと思います!

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧