目と鼻の両方で楽しめる、洗練を極めた「固形石鹸」をピックアップ! 〜おすすめ3つ〜
2023/01/21
214 VIEWS

目と鼻の両方で楽しめる、洗練を極めた「固形石鹸」をピックアップ! 〜おすすめ3つ〜

Photo by:www.pexels.com

肌への優しさや環境保護の観点から“固形石鹸”の注目度が急上昇中。そこで今回は数あるなかでもバスルームに華を添える、ヴィジュアルも香りも垢抜けた固形石鹸をピックアップしてみました。

「固形石鹸」にシフトする美容通たちが急増中!

Talk women02

地球環境や肌に負荷をかけるプラスチックや防腐剤が使われていないだけではなく、リキッドソープ2〜3本分ほどの内容量に相当するためお財布にも優しかったりと、とにかくメリット尽くしの「固形石鹸」。
海外セレブや美容通たちの間でも、切り替える方がとても増えていますよね !

Talk women01

この流れを受けて、近年では“目”“鼻”が喜ぶコレクションしたくなるような固形石鹸が続々と登場している様子。これからご紹介する3つの固形石鹸ならば、ご自宅のバスルームを今よりもさらに至福の空間へと昇華させることができるはずです。

① LOEWE (ロエベ)

1846年に小さな皮革工房からスタートしたスペイン発のラグジュアリーブランドLOEWE (ロエベ)が手掛けるこちらの固形石鹸(Oregano solid soap)は、地中海のハーブ園を彷彿とさせる奥行きのある清々しい香り立ちや、壁に吊り下げておくことができるロープが組み込まれたスタイリッシュなデザインが魅力。

「シアバター」の潤いを抱え込んだ濃密な泡立ちはさることながら、使いやすさを追求するため人間工学に基づいて設計されていたりと細部に至るまでこだわりが感じられます。

商品はこちら


LOEWE(ロエベ)の名香をもっと見る ⇓

LOEWEをもっと見る

② OFFICINE UNIVERSELLE BULY

パリに本店を構える1803年創業の総合美容専門店「OFFICINE UNIVERSELLE BULY (オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)」が手掛けるこちらの固形石鹸(Savon Superfin MIEL D'ANGLETERRE)は、左右対称のフランス式庭園を思わせるような八角形の美しいフォルムや、「シダーウッド」「ハチミツ」「ムスク」が織りなす温かく心休まる香り立ちに定評があります。

肌本来のpHバランスを乱すことのない低刺激な界面活性剤が使用されているため敏感肌でも安心して取り入れることができ、みずみずしく柔らかな洗い上がりを叶えるミルキーな泡立ちも秀逸。

Talk women02

外箱の色は「レッド」と「グリーン」の2種類から選ぶことができる他、石鹸の中央部分にイニシャルを刻印するサービス(有料)も行われているため贈り物としても重宝すること間違いなし !

OFFICINE UNIVERSELLE BULYをもっと見る

③ SCENT SNOW (セント・スノー)

日常を豊かに彩る韓国のライフスタイルブランドから生まれたこちらの固形石鹸(Object Scented Soap)は、深い呼吸を誘いながら幸福感もたらす4種類の香り豊かなラインナップや、横たわった女性のなめらかな曲線美を反映させたオブジェのような佇まいが特徴。

泡切れが良く優しい洗浄力でありながらもクリアな洗い上がりを実現し、美肌づくりに役立つ「真珠パウダー」や「カラミン」などがそれぞれに配合されています。

香りのラインナップはこちら

《 Blanc 》 可憐な「ユリの花」を軸に織りなすパウダリーな香り。

《 Au Calme 》 暖かな日差しが降り注ぐ爽やかな夏の南フランスを彷彿とさせる、「グレープフルーツ」が主役の香り。

《 CoCo 》 魅惑的でほろ苦い「カカオ」の香り。

《 Crystal 》 「ヒノキ」が静寂を生み出す、冷んやりとしたクリアな香り。

商品はこちら

いかがでしたか ?

Talk women01

バスルームのみならず、本棚やクローゼットに置いて“ホームフレグランス”のように活用することができるのも、香りや見た目にこだわって製作された固形石鹸ならではの魅力。ぜひ皆さんも五感で楽しみながら取り入れてみてください。

固形石鹸をもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

NTM

EDITOR / NTM

元👉外資系化粧品メーカー美容部員
Make/Skincare/Perfume 海外化粧品マニア ♡
✏>>>> Beauty lighter

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧