【雨の日の“時短”ヘアアレンジ術】〜ボブ・ミディアム・ロング別〜
2023/06/09
853 VIEWS

【雨の日の“時短”ヘアアレンジ術】〜ボブ・ミディアム・ロング別〜

Photo by:www.buyma.com

湿気で思い通りの“髪型”に仕上がらない雨の日。そんな憂鬱な梅雨シーズンに突入している今こそ試してみて欲しい、簡単なヘアアレンジ方法をお届けします。

INDEX

 

梅雨時のヘアスタイリング、どうするのがベスト?

Talk women01

雨の日の朝に髪のうねりや膨らみが収まらず、スタイリングに悪戦苦闘したことがあるという方はきっと多いはず。
おしゃれを楽しみながら快適に梅雨を乗り切るためには、ヘアアクセサリーを使ったアレンジ方法を習得する必要がありそうですね。

Talk women03

とは言っても忙しい朝は時間との勝負だからこそ、“とにかくできるだけ短時間でこなれたヘアスタイルを完成させたい”というのが現代女性たちの本音。
ここからはそんな梅雨時に役立つ簡単なヘアアレンジ方法を、髪の長さ別に見ていきましょう。

ヘアブラシ一覧

【 雨の日のヘアアレンジ術 (ボブ①) 】

STEP①

髪全体を緩く巻いてからヘアスタイリング剤を塗布。

STEP②

耳の高さに合わせて、ヘアピンをクロスさせながら髪の表面に留める。

Talk women01

複数のヘアピンで髪の広がりを抑えながらフォルムに“くびれ”を生み出せば、雨の日に頭全体が膨張して見えてしまうというボブ特有のお悩みも即解決。無造作につけても後ろ姿がこなれて見えます。

ヘアアクセサリー一覧

【 雨の日のヘアアレンジ術 (ボブ②) 】

STEP①

髪全体をコテで巻いてからヘアムースを塗布。

STEP②

頭頂部から襟足にかけての5箇所を、ビニールゴムでお団子状に結ぶ。

STEP③

髪の毛(お団子状になった部分)を指でつまみながら引き出し、ヘアピンで固定する。

Talk women03

湿気で前髪やトップが膨らんでしまう時は、細めのカチューシャをつけるのがおすすめ。90年代風のちょっぴりレトロな雰囲気を楽しむなら“コーム状”になったものを選んでみてください。

スタイリング剤一覧

【 雨の日のヘアアレンジ術 (ミディアム①) 】

STEP①

ヘアスタイリング剤を髪全体に塗布。

STEP②

ポニーテールを作り、結び目から毛先に向かってビニールゴムで等間隔に結ぶ。

STEP③

ゴムとゴムの間の髪の毛を指で引き出しながら“泡”のように丸い形を作る。

Talk women01

後頭部の低い位置で結べばモードな印象になり、高い位置で結べば活発で愛らしい印象になるのも“バブルポニーテール”ならではの魅力。細めのシュシュやビーズゴムを使えばより華やかな仕上がりになります。

ヘアアクセサリー一覧

【 雨の日のヘアアレンジ術 (ミディアム②) 】

STEP①

髪全体を緩く巻いてからヘアムースを塗布。

STEP②

3等分した後頭部の髪をビニールゴムで結び、両サイドの結び目上に割った隙間の中にそれぞれ毛先を通し入れる。

STEP③

左の毛束の結び目上に指を差し込みながら中央の毛束を通し、さらに右の毛束の結び目上の隙間の中に通す。

Talk women03

簡単なのに凝って見える服装を選ばないヘアアレンジで、結び目の部分に“リボン”を添えれば2023年らしい洗練された仕上がりに。

ヘアワックス一覧

【 雨の日のヘアアレンジ術 (ロング①) 】

STEP①

髪全体にヘアムース(もしくはヘアオイル)を塗布。

STEP②

お好みの結び位置でポニーテールを作る。

STEP③

毛束を2つに分け、ねじった毛束同士をツイストさせながら最終地点をヘアゴムで結ぶ。

Talk women01

王道のポニーテールでも“ねじり”を加えるだけで湿気による髪の縮れも目立ちにくくなって、ひと味違ったスタイリッシュな印象に。

Talk women03

その日の装いに合わせて“カチューシャ”のようにスカーフを巻けば、頭頂部の浮き毛を抑えながら表情を華やかに見せることもできますね。

スカーフ一覧

【 雨の日のヘアアレンジ術 (ロング②) 】

STEP①

髪全体にヘアオイルを塗布。

STEP②

後頭部で1つにまとめた毛束を、バンスクリップの片側に巻きつけるようにして留める。

STEP③

顔周りにおくれ毛を出す。(タイトにまとめてもOK)

Talk women01

近年この“バンスクリップ”を駆使したアレンジが大流行していますよね。テクニック要らずで簡単に髪をまとめることができるので、梅雨シーズンにも大活躍してくれること間違いなしです。

ヘアオイル一覧

湿気に負けない美髪は、ヘアマスク習慣で叶えられる。

Talk women03

少しでも湿気の影響を受けないようにするためには、髪のダメージを集中補修しながら乾燥を防ぐ「ヘアマスク」を週に1〜2回取り入れるのが効果的。カラーリングやパーマを繰り返している方はとくに気をつけておきたいですね。

ヘアマスク一覧

Talk women01

ちなみにドライヤー後の髪表面をコーティングするように「ヘアオイル」を塗れば、湿気が吸収されにくくなって髪のうねりや広がりを最小限に抑えることができるんです。

ヘアケアアイテム一覧

雨の日が待ち遠しくなるヘアアレンジ術は無限大。

Talk women03

憂鬱な梅雨シーズンも、簡単なヘアアレンジを取り入れるだけできっと一日中ご機嫌でいられるはず。ぜひ皆さんも参考にしてみてください。

あなたにオススメの記事はこちら

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

NTM

EDITOR / NTM

元👉外資系化粧品メーカー美容部員
Make/Skincare/Perfume 海外化粧品マニア ♡
✏️>>>> Beauty lighter

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧