【2019年|徹底比較!】今年のダウンコート、もう決めた?大人がこだわる上質ブランド《5選》
WOMEN
2019/08/18
96770 VIEWS

【2019年|徹底比較!】今年のダウンコート、もう決めた?大人がこだわる上質ブランド《5選》

Photo by:www.instagram.com

この冬に向けてダウンを新調しようと思っている方、どのブランドにするか決まっていますか?いろいろなブランドがあって迷ってしまうという方、2019年の人気ブランドを徹底比較!あなたに合ったお気に入りを見つけてみてくださいね♪

MONCLER(モンクレール)

いわずと知れた人気NO.1ブランド、モンクレール(MONCLER)。フランス発のプレミアム・ダウンウェアの老舗ブランド。

ヨーロッパの上流階級から愛され続けてきたモンクレールの最高級のダウンジャケットは半世紀経った今でも変わらず名品としての地位を世界中で確立しています。ダウンだけではなく、他にポロシャツやナイロンジャケットなども展開。

特徴

モンクレールのダウンジャケットには、ホワイトグースの羽毛だけが使用されており、フランスの規格協会が最高品質のダウンであることを認めるキャトルフロコンマークを取得。

Talk women01

軽さと暖かさを両立したダウンジャケットは、冬でもインナーはTシャツだけという方もいるほどのあったかさなんです!

DUVETICA(デュベティカ)

DUVETICA(デュベティカ)は2002年にスタートした、モンクレールのスタッフだったジャンピエロ・バリアーノによる、ダウンウェア専門のブランド!

MONCLER(モンクレール)に比べ、手頃な価格ながら、高いクオリティーとデザイン性を有する。なお、DUVETICAのブランド名の由来は、フランス語で、DUVET=ダウンベスト、イタリア語のETICA=倫理・道徳から由来しています。

特徴

中身のダウンはフランス製の最上級のグレーグースダウンを使用。モンクレールに比べて値段は少し低めに設定されていますが、高品質でデザイン性が高い。発色がキレイ。

Talk women02

つくりは少し小さめで日本人の体にも合いやすいですよ♪

HERNO(ヘルノ)

1948年にイタリア北部で創設された老舗コートメゾン。ダウンコートの誕生でその名を世界中に広めたブランド。

人気の秘密は、ブランドの誕生以来守られてきたクラフツマンシップに加え、イタリアならではの洗練されたモダンなデザイン。

特徴

使われる羽毛は、最高級のルーマニア産のものだけを使用。そして約95%は水鳥のダウン(胸毛)部分を使い、残りの5%はフェザー(羽)を使っています。
一般的なダウンコートは、羽毛を詰めた「ダウンパッド」を注入して作られますが、ヘルノのダウンコートはダウンパッドを使用せずに高度な職人の技を必要とする製法で作られています。

Talk women03

体を優しく包み込むような暖かさと、なにも着ていないかのような軽さが魅力的♡

CANADA GOOSE(カナダグース)

CANADA GOOSE(カナダグース)は1957年に、カナダのトロントにて創業。

「メイドインカナダ」にこだわったものづくりが特徴で、現在もカナダ北部やシベリア、アラスカ、といった極寒地で生活する人々や、南極探検隊や登山隊に製品を提供し続けたカナダグース。

特徴

防寒性もさることながら高い実用性が特徴的。手首周りの柔軟性と保温性を考慮したニットカフによって袖口から入る風をシャットアウトしたり、氷結をふせぐためにコヨーテの毛皮をフードに使用しています。

Talk women01

ポケットが多くて実用的でありがたい!シルエットが美しいから街で着てもオシャレですよね~!

TATRAS(タトラス)

タトラス(Tatras)は2006-2007 Autumn & Winter Collection よりTATRAS SRL.としてミラノ に拠点を置き、ポーランド、日本とのコーポレートブランドとしてスタートしたイタリア発のアウトフィットレーベル。

特徴

タトラスのダウンには、高いフィルパワーを誇り、世界的に上質な素材として知られるポーランドのホワイトグースダウン(最高純度の ダウン95% フェザー5%)を使用。

Talk women02

軽くて暖かいのに、細みで美しいシルエットを実現してくれる♡もこもこならずにすっきりと着られるのが嬉しい!


今年のダウン選びの参考になりましたか?お気に入りを見つけて暖かな冬をお過ごしくださいね♪

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

aiko.t

EDITOR / aiko.t

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧