目指すは憧れのロンハーマン。夏にぴったりの「西海岸インテリア」はいかが?
2018/06/28
3824 VIEWS

目指すは憧れのロンハーマン。夏にぴったりの「西海岸インテリア」はいかが?

Photo by:www.instagram.com

多様なスタイルがあるアメカジ系インテリアですが、夏なら「西海岸インテリア」(カリフォルニアインテリア)に挑戦してみませんか?人気アメカジ系ブランド「ロンハーマン」のインテリアをお手本に、お部屋を夏仕様に変えちゃいましょう!

ロンハーマンとは

A post shared by Ron Herman (@ronhermanstore) on

ロンハーマンは、アメリカはLA発のセレクトショップ。1976年創業で、取り扱いはアパレルアイテムメインのショップで、アメリカの西海岸サーフスタイルをベースにしたラフだけれどどこか洗練されたスタイルのアイテムがそろっています。

A post shared by Ron Herman (@ronhermanstore) on

アイテムが人気なのはもちろんですが、「店内インテリアが素敵!」と評判のロンハーマン。日本でも「ロンハーマンカフェ」ができたり、家具や雑貨を扱うロンハーマンのライフスタイルショップ「RHC ロンハーマン(RHC Ron Herman)」も出店するなどインテリア面でもファンが多いブランドです。

ロンハーマン系インテリアといえば「西海岸系インテリア」

そんなロンハーマン店内のようなインテリアは、西海岸のサーフスタイルやビーチライフをベースにした「西海岸インテリア」とも称されています。このロンハーマン店内のような温かみのあるインテリアは、冬はもちろん夏にもさわやかになじみますよ。

A post shared by Ron Herman (@ronhermanstore) on

では、ここからはロンハーマンの雰囲気も感じられる西海岸インテリアのポイントをご紹介します♪

ポイント1. 海を感じる「ブルー」を取り入れよう

先ほども少しお話しましたが、カリフォルニアにルーツをもつ西海岸インテリアやロンハーマンに共通しているのはサーフカルチャーやビーチライフをリスペクトしている点。海やビーチを感じさせる、デニムなどのファブリックや小物にブルーのものを取り入れてみましょう。

「ブルーのもの」といっても、真っ青なものを無理に取り入れる必要はありません。大人っぽさも優先したい場合は、こちらのようなダークめのデニムカラーやインディゴ、グレーよりのブルーを選ぶのも良いですね。

ポイント2. 家具はなるべくウッド系で統一

カリフォルニアのビーチや自然感を出すなら、家具はなるべくウッド(木目調、天然木)の家具を取り入れるとベター。ライトカラーのものだと、空間が軽くなるのでよりおすすめです。

A post shared by Ron Herman (@ronhermanstore) on

全てがウッド製だと重い場合は、アイアン家具やイームズなどのリプロダクト家具などのパーツ面積小さめのアイテムを使うのも良いですね。

ポイント3. 大きめの観葉樹を取り入れる

A post shared by @elizabethgordonstudio on

観葉樹を取り入れると、お部屋全体の空気が浄化され空間自体も引き締まりますよね。カリフォルニアをルーツにもつ西海岸インテリアなら、ビーチらしい広葉樹を取り入れてみるのがおすすめです。

A post shared by Rads (@insta.rads) on

お部屋のスペースが限られている場合は、壁を使ってドライな質感のエアプラントや多肉植物を飾っても素敵ですよ。

ポイント4. ペンダントライトをディスプレイ

おうちをよりロンハーマンっぽくするなら、照明をちょこっとチェンジしてみるのもおすすめ。たとえば、いつもの照明をペンダントライトに変えるだけでも雰囲気アップしますよ!

ビーチの雰囲気ある流木を使ったオブジェやライトも西海岸インテリアにぴったり♪

ポイント5. 壁にフレーム付きミラーを飾ってより本格的に

A post shared by Valerie (@valerie.gnt) on

ロンハーマンだけでなく、カリフォルニア周辺のインテリアでよく見られるのが「ウォールミラー」。壁付けのミラーなのですがフレームがゴージャスなものを1点ディスプレイするとお部屋の印象がぐっと洗練されますよ。

お部屋のアイテムに木材割合が多い場合は、ミラーでなくても古材を使ったフレームを使うのもgood!お部屋アイテムの質感を統一するのも、グッドインテリアへの近道でもあります。

ウッドフレームの中に家族写真や好きなアートを飾るのもgood!

ポイント6. 床に「柄」ラグを敷く

A post shared by Ron Herman (@ronhermanstore) on

柄ラグはチェアやソファ周辺にさっと敷いておくとお部屋がよりこなれた印象に。デニムラグや幾何学柄、ボーダーなどの柄など、お好みの柄をチョイスして敷いてみましょう♪

いきなり柄ものを敷くのはハードルが高い!と感じる場合は、こちらのように無地ラグと組み合わせて敷くのも良いですね。こちらの写真のように、色どうしがケンカしないような組み合わせがベストです。床の色に近いものを選ぶのも良いでしょう。

ロンハーマン的西海岸インテリア見本帖

A post shared by Ron Herman (@ronhermanstore) on

ここまでおすすめのアイテムやポイントをご紹介してきましたが、見本となるお部屋が見たい!と思った方もいらっしゃるはず。ここからは、ロンハーマン風西海岸インテリアの素敵な空間やおすすめアイテムをピックアップしてみます♪

A post shared by Hunker (@hunkerhome) on

色数少なめのインテリアに、ターコイズのチェアを空間アクセントとして合わせているので派手さが感じられない大人空間に。床のボーダーラグも素敵ですね。

こちらは濃淡の異なるモノトーンカラーを組み合わせたモダンな西海岸インテリア。間接照明の位置も工夫されており、おしゃれな空間に仕上がっています。全体の色味も落ち着いているため、モダンさも取り入れたい場合にぜひお手本にしたい空間ですね。

こちらも色数少なめの空間。寝室の場合は、ある程度色数を絞っておいたほうが目に入る情報が少なく、安眠も得られやすそうですね。ウッドのベッドボードを取り入れることで、シンプルモダンになりそうなお部屋もカリフォルニアテイストに。ペンダントライトの装飾も少なめで、全体的に調和が取れている高バランスの空間になっていますね。

どこかのグランピングホテルに迷い込んだかのような空間。アイアンやウッド、ファブリックアイテムなど異素材使いが目立つ空間ですが、チェアやテーブルといった家具のカラーリングが統一されており、ごちゃつき感がないのが素敵ですね。アイテムにブラック系のものを用いているため、空間が間延びせず、良い具合に引き締まった空間に。

SOHOスタジオが西海岸テイストだと、よりリラックスして仕事が進められそうですね。ホワイトを基調とした空間にほどよくインディゴカラーが取り入れられており、シンプル過ぎないおしゃれ空間に格上げされています。

こちらはダイニングとリビングが同じ空間にあるお部屋。チェアやテーブルといった家具のアイアンづかいが統一されており、見た目にもスタイリッシュな空間に。あえて床の上にウッドフロアを一部設けることで空間の切り替えが上手にできていますね。

ポイントをおさえてお部屋を憧れのロンハーマンテイストに♪

ロンハーマンのショップやカフェのインテリアのベースとなっている「西海岸インテリア」の作り方ポイントやおすすめアイテムをご紹介しました。目にも涼しげな西海岸インテリアは視覚から涼をとるのにも大活躍。リラックス感ある空間でおしゃれに涼やかにこの夏を過ごしてみませんか?

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧