10K?メッキ?今さら聞けないジュエリーの素材について、豆知識を身に着けよう☆!!
2018/10/08
15745 VIEWS

10K?メッキ?今さら聞けないジュエリーの素材について、豆知識を身に着けよう☆!!

Photo by:www.instagram.com

ピアスやリング、ネックレスなどアクセサリーやジュエリーは、ファッションにおいて欠かせないアイテム達。そこで皆さんに質問。メッキというのは何かご存知ですか?10Kと24Kの違いを説明出来ますか?今回はこういった、貴金属の素材についてのマメ知識をご紹介。知っていて損はありません☆!

金/GOLD

一言でゴールドと言っても、種類は多様。イエローゴールドやピンクゴールドなど、みなさんも必ず聞いたことや目にしたことがあるはず。それぞれの特徴についてご紹介致します。

最初に‥
24K:100%純金
18K:約75%金含
10K:約40%金含

金の刻印でよく見かけるのは、18Kや10Kあたりでしょうか。

Talk women01

24Kはとにかく高額というイメージが高いですね。
100%純金となるとそりゃ高額になりますよね‥。

高額だからという理由で、18Kなどが多く流通しているわけではないんです。24Kの特性からすると、金はすごく柔らかく加工しやすい。ですがその反面。変形しやすくなっており傷つきやすいというのがデメリット。なので、18Kや10Kなどは、金の他に別の金属が混ざっているため、金の扱いやすさ・重さ・丈夫さを兼ね備えた金になるのです。

■YG/イエローゴールド
色味的には、山吹色に近い黄色がイメージ付きやすいでしょうか。金の他に、銀と銅のこの3種類の金属が混ざって作られてる貴金属。

■PG/ピンクゴールド
他に混ぜる金属の割合が、イエローゴールドは銀も含まれていますが、ピンクゴールドは銅の方が圧倒的に多い。その銅と金が混ざり、いわゆるピンクっぽい色味になります。

Talk women02

メッキってよく聞くけど‥
それもゴールドなんだよね?

これも知っておいた方がいいですね!

■GP/GOLD PLATE
金なのに、なんかちょっとお得な値段じゃない?っていうアクセサリーありませんか?それはほとんどの確率でこのGPと言われる金です。特性はいうと、金以外の素材の上に、金でメッキ加工(塗ってる)してるもの。中に使われる素材は、シルバーや真鍮が多く、その上に10Kや18Kでメッキ加工したもの。見た目の輝きは保たれて、なおかつ安価に仕上げられる加工方法なんです。

Talk women01

※メッキ加工ジュエリーの注意
シルバーや真鍮の上から、金の加工されてるということを忘れてはいけません。お気に入りでずっと着けっぱなしにしていたり、水に頻繁にさらしていたりすると、気づけばそのメッキがはがれてきてしまうんです。皮脂と摩擦によるものが原因ですが、これは防げません。

Talk women02

なるほど‥。
指輪をつけていたら、気づいたらそこが黒くなってたことがあったなぁ。メッキがはがれてたってことか‥。

ずーっと長く着けたいなら、やはりせめて14K以上のものがおすすめです。
安価だからといって、ゴールドアクセサリーを購入しても、気づけばくすんできて、また新しいアクセを買うことになり、それなら最初から性質の高いアクセサリーをGETしておきたいところです☆

∞∞10Kのおすすめアイテム∞∞

10K(10金)アクセサリーをもっと見る

∞∞18Kのおすすめアイテム∞∞

18K(18金)アクセサリーをもっと見る

銀/SILVER

近年、シルバー派の女性もかなりよく見かけますね。女性らしいというより、オシャレ感の方が際立つ印象。そんなシルバーも種類が多様しています。なぜシルバーなのに高いものがあるのか?とシンプルな疑問を抱いて方もいるのではないでしょうか。

Talk women02

シルバーアクセサリーと言えば、
925?っていうのをよく見る気がする‥。

■Silver925
シルバーの中で一番よく聞くこの925。名の通り、銀が92.5%含まれた貴金属。スターリングシルバーと呼ばれることも。

Talk women01

そうなんです。
一般的に市場に出回っているアクセサリーは、大半がこのSilver925。

SV1000というのもありますが、これは銀の含有率がほぼ100%に近いもので、先ほどのゴールドでいうと24Kみたいな存在。ですが、ゴールドと同じように、柔らかくて加工に不向きなので、多くはSV925で作られることが多いです。

Talk women02

そうなんだ!
でもシルバーって黒くなったりしないかな?
以前持っていたリングが錆びちゃって‥

A:実はそれ、錆びじゃないんです。

シルバーアクセサリーをつけていたら、アクセサリーが黒くなっちゃった。って体験ありますよね?これは防ぎようのないことで、自然に起こることです。これは酸化による錆びだと勘違いされる方が多いのですが、これは錆びではありません。これは”硫化”という反応が起きていて、温泉に入ったら真っ黒になった!なんてことありませんでしたか?空気中にもわずかな、硫黄成分が含まれているので、日々それに反応して、少しずつ黒くなっていくんです。

でもシルバーダスターを使えば、この黒くなった硫化を取り除くことが出来ます。このシルバーダスターで磨けば、驚くほどに綺麗になるので、気持ちがいいぐらいです。

Talk women01

中には、あえて、黒ずんだシルバーにしたい方も。
そんなときは、お風呂場にお湯を溜めて、
硫黄成分の入った入浴剤を投入し、
そのお風呂場に数十秒浸せばすぐに黒くなります。

続いては‥
■プラチナ
ほとんど錆びや変色のない素材。主に宝飾品に使用されるのは、PT900(プラチナ90%)。Silver925に比べると、見た目の色味は白っぽくシルバーの中で最も輝きがある貴金属とされています。

このプラチナは、婚約指輪やマリッジリングに選ばれることが多いです。このプラチナの放つ、白っぽ輝きがブライダルに選ばれるそう。永遠の愛を誓うんだから、錆びない素材で劣化の少ないプラチナを選びたいですよね☆

∞∞Silver925のおすすめアイテム∞∞

Silver925のアクセサリーをもっと見る

∞∞プラチナのおすすめアイテム∞∞

プラチナのアクセサリーをもっと見る

いかがでしたか?

私も少し前までは、特に知らずにアクセサリーを購入していました。
ですが、こういった豆知識があることで、選ぶアイテムも変わってきますよね。ギフトで送る際もこの知識が役に立つはず!

是非参考にしてみてくださいね☆

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

AKANE

EDITOR / AKANE

京都産の無駄に背がデカいファッションライター26歳

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧