《緊急指令:かぶらないスニーカーを捜索せよ!》お洒落な人が知ってる大人スニーカー、見つけちゃった!
WOMEN
2019/04/09

《緊急指令:かぶらないスニーカーを捜索せよ!》お洒落な人が知ってる大人スニーカー、見つけちゃった!

出典:www.instagram.com

有名シューズブランドは絶対かぶってしまうし、周りと差をつけたい!でも派手なのはちょっとなぁ。なんて思っている貴女に、まだ日本ではあまり見ない&大人スタイルにもばっちりハマるスニーカーブランドをお届け致します。

お気に入り追加

時代は今まさに、スニーカー戦国時代!

有名ブランドがこぞって様々な形のスニーカーをリリースし、ファッション誌の一面をスニーカーが飾る時代です!世のファッショニスタにとって、いかにスニーカーでお洒落にキメるかが腕の見せ所。定番への信頼度は高いけど、「あの子のスニーカー、どこの?」って思われるちょっぴりマイナーなスニーカーが欲しい!

Talk women01

そんなあなたのために、様々なショップやSNSのウォッチングを日々の生きがいとしている、わたくし"AYA"が発見した、NEXTトレンドのスニーカーブランドをご紹介!

・「ローテク編」と「ハイテク編」をご用意いたしました♡
・お値段は「お手頃順」になってますので、お財布と相談してみてくださいね。

▶ローテクスニーカー◀

●VEJA(ヴェジャ)

メーガン妃も愛用しているらしい、フランス生まれのエコフレンドリーなVEJA(ヴェジャ)。スリムなフォルムとクリーンなホワイトが美しく、キレイなお姉さんが履いていそうな洗練の一足。"V"のロゴが洒落ていて、さりげない足元のこだわりをアピールできます。花柄のワンピに合わせても上品さをキープできるし、通勤スタイルに合わせても違和感なし!

●SPALWART(スパルウォート)

ベーコン(=ベージュコンバース)はお洒落だけど、街に多すぎーー!!そんな悶々が解決された、スエーデン発のSPALWART(スパルウォート)。もともと軍用の実用シューズを作っていたブランドらしく、ちょっと懐かしい"上履き感"がツボ♡とっても柔らかい素材感で、女性らしさも急上昇。白いコットンワンピ+薄色デニムに合わせたい!

●Golden Goose(ゴールデングーズ)

洒落てるセレクトショップにぜーったい置いてあるのがゴールデングースです(個人的観測)。ヴィンテージか~?と思いきや実は"あえて"のエイジング加工。お洒落すぎ!伊製のカーフスキンでしっかり高級感もあるんです。ストリートっぽくないマスキュリンスタイルや、ここ最近脚光を浴びているジェンダーレススタイルにぴったり。ブラックのデニム、ライダースに合わせてカッコいい女を気取りたい。

●SANTONI(サントーニ)

上質さと品を追い求めるなら外せないのがSANTONI(サントーニ)のレザーシューズ。
「や、やわらかっ!これがラグジュアリー…」とため息がもれてしまう肌触りが特徴。言わずとしれたイタリアの名門シューズブランドで、素材開発や加工まで自社で一貫しているから、随所にラグジュアリーなこだわりが見られます。ゴールドやシルバーが人気のようですが、「華やかだけどギラついていない」ってところがイイ。

▶ハイテクスニーカー◀

●ASFVLT(アスファルト)

パリに拠点を置くランニングシューズブランドのアスファルト。仏セレクトショップ『merci』コラボがとにかく可愛くて一目ぼれ必須なんです!!!ソールだけで4色くらい使われているし、靴ひもに「merci」ロゴがたくさん描かれてるし、「それ、可愛すぎるやん…。」といちいちツボを突いてくる細かいディテール。ダッドスニーカーなのに大人可愛くて、フェミニンなスタイルに合いそう♡と妄想がふくらみ中。

●KARHU(カルフ)

100年以上の歴史をもつヘルシンキ生まれ・育ちのザ・北欧スニーカー。派手じゃないけど、意外性のある色の組み合わせは北欧の食器やインテリアを思わせます。ワークパンツやオーバーオールでアウトドアっぽく合わせるのが王道!この間、親子で履いているママさんを見かけて、その可愛さに2度見してしまいました。家族みんなでおそろいにしてみてもいいかもね♡ブランドモチーフのしろくまちゃんもキュートです。

●A.P.C.(アーペーセー)

ミニマルなデザインがお得意のA.P.C.。2018年に初めてスニーカーが発売されたとき、「ハイテク」スニーカーと聞いて、おいおい大丈夫か?と心配をしてしまった私ですが、、いやはや、杞憂でした。本革のスエードとペールカラーを駆使し、しっかりフレンチベーシックに落とし込んでます。この夏、白T+デニム+このスニーカーが制服化しそう。

●D.A.T.E.(デイト)

こんなに大人っぽいダッドスニーカーってある…?と店頭で戦慄した伊製スニーカーのD.A.T.E.(デイト)。色・パターン・素材を複雑に組み合わせた逸品は、もはやアートの粋に達してますが、デザインチームにグラフィックデザイナーが居ると聞き納得!この洗練さ、銀座へ繰り出しても大丈夫なはず。

●Pierre Hardy(ピエールアルディ)

高感度なファッション雑誌に最頻出なのはこれ!Pierre Hardy(ピエールアルディ)は当代きってのシューズデザイナーで、トップメゾン出身の巨匠。リボンが編みこまれていたり、ソールがギザギザだったり、まるで建築のような構築的デザインがスゴイの一言。私、飾ってじ~っと1日中見られる自信があります!(笑)かなりのボリューム感がありますが、ぜひシンプルなきれいめスタイルに合わせてほしい!

NEXTスニーカーをGETせよー!

空前大ブームのスニーカー!差をつけるなら今しかない。定番を履きこなすトレンドセッターのあなた♡次は上級者顔のNEWスニーカーをGETして街を闊歩しましょう!

人と被らない大人スニーカーをもっと見る

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

AYA

EDITOR / AYA

女性らしさと個性を大切にする貴女へ、ワンランク上の装いをお届けします。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧