本物を知る!タータンチェック柄に定評のある【老舗3大ブランド】まとめ
2019/11/17
477 VIEWS

本物を知る!タータンチェック柄に定評のある【老舗3大ブランド】まとめ

Photo by:www.instagram.com

秋の大トレンドといえば、《チェック》ですよね。秋真っ只中の今回は、日本でも海外でも大人気かつ歴史が長い、老舗チェック有名3大ブランドを歴史と共にご紹介。ぜひ、これからのファッションの参考にしてみてくださいね♥

◆ ONEIL of DUBLIN (オニールオブダブリン)

《オニールオブダブリン》は1959年に、アイルランドの首都であるダブリンにて生まれました。初めは、ダブリンの紳士たちに向け、クオリティの高い仕立て屋として始められたブランド。
そして昨今では《タータンキルト》の代名詞として世界中に向けて、高品質のアイテムを生産しています。

そもそも、《キルト=キルトスカート》ではない。

チェック柄のスカートが主のオニールオブダブリンですが、そもそもキルトはアイルランドやスコットランドの民族衣装のこと。バグパイプを演奏する男性が、キルトを履いている姿は誰もが1度は見たことがありますが、民族衣装自体はやはり男性のみ着れたのだとか。

Talk women03

そのため、まったくの別物として《キルトスカート》が生まれたんですね。こうした歴史がバックグラウンドにある《オニールオブダブリン》だからこそ、そのアイテムにも信頼を置くことができます。

Talk women01

▼ こちらのパッチワークのスカートは、日本でも有名セレクトショップなどで取り扱いも。エディターの私も実際に店頭で見ましたが、本当に生地の質が良くチェック好きとしては絶対に1着もっておきたいなと思わせてくれるクオリティでした。

◆ Joshua Ellis (ジョシュアエリス)

続いてご紹介する《ジョシュアエリス》の舞台はイギリス。なんと、英国テキスタイルの歴史の中でも、最も古いブランドと言われています。
創業は1767年までさかのぼり、イギリスで1番大きな地方《ヨークシャー》にて生まれました。

Talk women03

そんなヨークの市街地にある、シャンブルズ通り。実はここに”ハリポタファン”が足を運ぶ理由があります。それは、ハリーポッターに出てくる《ダイヤゴン横丁》そっくりだから♥なんです。

こうした歴史的建造物が多く残るヨークシャーが生んだブランド、【ジョシュアエリス】は、カシミアを使い、あたたかく肌さわりの良い名品を作り続けています。

Talk women01

デザインとしては、伝統のチェックを取り入れつつも、どこかモダン風にアレンジされたスタイルが、とってもオシャレ。これ1枚でコーディネートの中心となれるくらい、華やかでアクセントになるアイテムです。

Talk women03

色使いも、ビビッドなものから、ベーシックなものまで様々。少しお値段は張りますが、それでもゲットする価値は十分。

◆ Johnstons (ジョンストンズ)

最後は、日本でもかなり人気&有名な《ジョンストンズ》。数々の雑誌や芸能人も愛用していることもあり、チェックアイテムの中でもかなり指名率が高めのブランドです。

そんな《ジョンストンズ》が誕生したのは、1797年のスコットランド。かなり歴史が長いブランドですよね。そして今でも”原毛の厳選からニッティング”まで一貫で手掛けており(UKでもなかなか珍しいのだとか。)、なんと王室御用達にも認定されている、ハイクオリティなブランドなんです。

Talk women01

スコットランドのカシミアは昔からファンが多く、あのモナコ公妃”グレース・ケリー”も愛用していたのだとか。

Talk women01

そんな《ジョンストンズ》のアイテムの特徴は、カシミア100%な点なのはもちろん、大判ストールのため使い道が色々あるということ♥肩にかけたり、ひざにかけたり、ストールとして使ったり、それぞれが思い思いの使い方をすることができます。

いかがでしたか♥?

今回はいつもと違い、ちょっぴりブランドの歴史もご紹介してみましたがいかがでしたでしょうか??こうした歴史を知ることも、ファッションの醍醐味の1つですよね♥
今年もトレンドのチェックアイテム、ぜひGETしてみてください♥

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

御堂もにか

EDITOR / 御堂もにか

海外セレブ・海外ファッション・海外ドラマLoverのフリーライター兼読者モデル。
海外のキャッチ―なトレンドをもとに、誰でも気軽に挑戦できる情報をシェアします。
【Instagram@monika__thisisme】

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧