名品リングが欲しい!!Cartier(カルティエ)の”トリニティ”にロックオン♡
2021/01/11
2353 VIEWS

名品リングが欲しい!!Cartier(カルティエ)の”トリニティ”にロックオン♡

Photo by:www.instagram.com

今、再び注目を集めるCartier(カルティエ)の名品リング・”トリニティ”!名品と呼ばれるリングは、いつの時代も女性を美しく彩ってくれ、一緒に年齢を重ねていける不朽のアイテムです。今こそ、名品リングを手に入れて、一生もののパートナーとして検討してみませんか?

不朽の名作に、再びスポットが!

世界の5大ジュエラーとして数えられ、名門ブランドとして名を馳せる・Cartier(カルティエ)。

”ラブリング”といった不朽の名作を生み出している、ジュエリーブランドです。

数々のジュエリーが揃うCartier(カルティエ)。その中でもとりわけ人気が高く、人気が再燃してきてるとも言えるのが、本日ご紹介する〝トリニティリング〟です!

Talk women02

カルティエの”トリニティリング”って昔流行ったイメージあるけど・・・?どんなリングだっけ?

昔持っていたなんて方も多いのでは?日本でも爆発的な人気を誇った、”トリニティリング”がこちら!

一度は目にした方も多いのではないでしょうか!?

Cartier(カルティエ)は、王室御用達として名を馳せてきたブランドだけあって、そのアイテム一つ一つに、Cartier(カルティエ)らしいアイデンティティを宿しています。

3つのリングが絶妙なバランスで絡み合うのが、”トリニティリング”の特徴。3色のゴールドが使われており、このイエロー、ホワイト、ピンクのゴールドにはそれぞれ意味を宿しています。

✔︎イエローゴールド=忠誠
✔︎ホワイトゴールド=友情
✔︎ピンクゴールド=愛

どんなシーンでも着用できるクラシックなデザインは、発表当初から女性・男性問わず高い支持を受け、有名著名人や詩人も愛したリングと言われています!

伝説のあの人も愛用!?”トリニティリング”のストーリー

Talk women01

若き日の、ダイアナ妃が愛用していたのは有名なこと!トリニティリングと、家族の認印つきリングを小指に重ね付けしており、ピンキーリング人気の、火付け役となりました。

その他、フランスの芸術家ジャン・コクトーや、俳優のゲイリー・クーパーなど愛用者は多数!伝説のリングと言われる理由も、納得です。

サイズと種類について

Talk women01

実はトリニティリングは、細さが違うのが3タイプあり、SMサイズ・MMサイズ・LMサイズから好きな細さのリングを選ぶことが出来きます。

▽こちらは、SMサイズ。一番華奢なタイプで、1本のリング幅が約2.5mmとなっています。

▽一番スタンダードで、男女ともに人気のMMサイズ。1本のリング幅は約3.5~3.53mmとなっています。

▽シンプルなトリニティリングの中で、一番高価で太いサイズのLMサイズ。1本のリング幅は約5.2mmとなっています。

眩い輝きが美しい、ダイヤタイプも人気!

Talk women01

こちらの1本のみオールダイヤ入りや、一部ダイヤ入りのトリニティリングもあり、エレガントさがプラスされています。

一部ダイヤ入りタイプ

1本のみオールダイヤタイプ

オールダイヤタイプ

クールでカッコイイ、ホリデー限定リングも登場!

Talk women01

今季の新作で話題の、ブラックセラミックを使用したホリデー限定リングも登場!ブラックセラミックが、スタイリッシュなルックスもプラスし、名品と呼ばれるリングをアップデートしています!

ホワイトゴールドタイプ

イエローゴールド、ホワイトゴールドタイプ

Cartier(カルティエ) ×トリニティリングをもっと見る

いかがでしたか?

不朽の名作とも呼ばれる、Cartier(カルティエ)の”トリニティリング”!

1924年の発売以来、時を超え多くの人を魅了してきただけあって、その魅力は圧巻の一言です。

是非、購入予定の方や、検討中の方は、参考にしてみてくださいね♡

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

y-Tizam

EDITOR / y-Tizam

バイヤー兼ライター
海外セレブ・海外ファッションを中心に執筆しています。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧