「綺麗なお姉さん」はファッションで作れます!美人オーラを纏うコーデテクニックまとめ
2021/07/04
1958 VIEWS

「綺麗なお姉さん」はファッションで作れます!美人オーラを纏うコーデテクニックまとめ

Photo by:www.buyma.com

街中やカフェでパッと目を惹かれる美人さんっていますよね?それはその人が纏う空気感、雰囲気が「お、綺麗だな」と感じさせるんですよね。そんな魅力が滲み出るオーラ美人、雰囲気美人は、実はファッションで作れてしまうんです!アイテム選びや着こなしのコツをご紹介します♡

「お、綺麗な人!」と目を惹く美人になるにはコツがある!

街中やカフェだけでなく、SNSの中でも特別美人ではないのになぜか目を惹く「オーラ美人さん」っていませんか? そもそもポテンシャルが違う?ブランド物を身につけてる?いいえ、それは着こなしとアイテム選び次第でいくらでも憧れの雰囲気美人になれます!

Talk women02

特別美人じゃなくてもなぜかモテたり、目を惹き人っているじゃん?あれってなんなの?もう生まれ持った才能なのか?!

Talk women03

そんなことないんじゃない!よく観察してみると彼女たちには共通点があるの。その秘密、ちょっと聞いてみない?!

ポイント1:スタイルの中に「抜け」または「ゆるっと感」がある

女子としては抜かりなく完璧なファッション、メイク、ヘアスタイルでいたいものですが、それがかえっておしゃれっぽさや美人度を下げてしまいます。

Talk women02

確かに...なんか余裕ありそうな見た目の人が多いかも。なんだろう空気感が柔らかいというか、軽やかな人?

Talk women03

そうだね、例えばさバッチリフルメイクで隙のない人って「作り込んでる感」があるじゃない?それはそれでおしゃれだし、綺麗だけど「今っぽさ」には欠けるよね。

Talk women02

確かに今っぽいといえば「抜け感」だもんね。メイクでもファションでも「本気出さない」くらいが丁度いいのかも!

会話の中にもあるように、作り込まない抜け感がポイントになります。例えばオフの日のコーデならジャストサイズのシャツやブラウスよりもオーバーサイズのシャツをユルく着こなした方が抜け感がでます。


特にトップスはなりたいイメージを作りやすいアイテムです。ニットならオフショルを選んでみたり、ゆったりめのデザインを選ぶとおしゃれさに加えて色っぽさが加わります。

女子っぽさといえば花柄やドットなど女子だからこそ魅力的に着こなせるプリントアイテム。確かに素敵ですし、華やかなんですが、意外にもこれらは取り入れ方を失敗すると芋っぽさ全開のその他大勢女子になってしまうので要注意!

Talk women01

肩見せや背中見せをするならボトムスはカジュアルに、トップをカジュアルにユルく着こなすならボトムスはタイトなラインのアイテムを選ぶとバランスが取りやすいです。

ポイント2:何はともあれシンプル イズ ベスト!!

Talk women02

え、花柄もドットもクローゼットに溢れてるんですけど...

Talk women01

まぁまぁ、それはそれで合わせるアイテム次第で可愛くできるから!ただ、雰囲気美人になるなら服自体はシンプル一択で行こう!


ディテールにこだわったもの、ユニークなデザインよりもベーシックなものがおすすめです。また色も柄物やビビットなものは避け、柔らかな色味のもの、またはモノトーンがより雰囲気美人作りにぴったりですよ。

もちろん小物でポイントをつけてもいいですが、服のコーデ自体はシンプルな方が抜け感のある柔らかでアンニュイな雰囲気を作りやすいですよ。

トップスにシンプルな物を持ってきたら、ボトムスは華やかにとはせずに、一貫してボトムスもベーシックな物を選びましょう。ただ、トップスのボリュームやシルエットに合わせてアイテムを選び、着こなし方も工夫すれば「テキトーに着てきました」感が出ず、すっきりとしたおしゃれコーデが完成します。

Talk women01

アイテムをウエストインするのか・しないのか。ボタンを開けるのか閉めるのかでもかなり雰囲気が変わりますよ!

ポイント2:ビビットカラーよりもパステルやくすみカラー

カラフルな柄よりも無地、パキッとした色よりも淡い色味、白黒よりも肌馴染みの良い茶系がおすすめです。

Talk women02

なんかさ、白黒でモノトーンコーデの方がパキッとしてて「いい女」っぽいじゃん?敢えてそこに淡い色とか肌馴染みカラーを推すの?

Talk women01

うん、もちろんねクールでおしゃれなイメージを作るのもいいと思うの。ただ、雰囲気美人の特徴って「柔らかさ」とか「しなやかさ」なんだよね。だから、ここではカッコ良さより女っぽさを前に出したいのよ。


柔らかい色を使用することで全体的に明るい印象を持たせ、同時に柔らかい女性らしさも引き出すことができます。また、上記で黒よりも茶系と記述しましたが、決して黒がダメというわけではありません。

もちろんコーデに取り入れるのはOKです!ただ、黒がコーデの大半を占めてしまうとトーンが落ちる上にキリッとした印象がより強くなるので、そのバランスを見て取り入れるようにしましょう!

ポイント3:ワンピースはゆるっとナチュラルに女っぽく着こなす

今日はワンピースの気分!という時には、セクシー路線を目指しているのでなければゆるっとしたシルエットのものがおすすめです。

Talk women02

雰囲気美人ってユルッとしたワンピもなんか色っぽく上品に着こなすでしょ?あれってコツがあるのかな?

Talk women01

あるよ!まず一つ目は柄物は避けること!どうしても可愛いし、華やかになるから柄物に目が行きがちだけど、意外に老けて見えたり、おしゃれっぽさから遠ざかってしまうんだよね。

ワンピースをもっと見る

さらにデザインは胸元に詰まったデザインよりも、少し空いたデザインの方が抜け感が出るのでおすすめです。

Talk women01

合わせるアイテムとしておすすめなのは一枚あると何かと重宝するサマーニットカーデ、そして抜け感と余裕を感じさせるフラットサンダル!敢えてフィットするもの、ヒールのように不自由さのあるものは避けて、ラクに余裕を持たせるのがポイントになります。

サンダルをもっと見る

ポイント4:上級者は「ゆる✖️ゆる」でおしゃれっぽさUP!

ファッション上級者にはもちろん、今日は一気におしゃれっぽくなりたいという人におすすめなのが上下ユルっとコーデです。これは一歩間違えると部屋着っぽくなったり、着膨れしてしまう可能性があるので要注意です!

Talk women02

上下のバランスを取ろうとして、どうしてもどちらかをコンパクトにまとめちゃうけど、上下ゆるっと着るのがおしゃれな抜け感のポイントとは...上級だわ!

Talk women01

確かに視覚的にどちらかにボリュームがあると着痩せ効果があるよね。でもね、ボトムスの丈やシルエット、トップスの襟元のデザインとか細かい部分に注意して選べば着膨れもしないし、すっきりしたシルエットに見せることもできるよ!

まずトップスはボタン付きのシャツのようなデザインよりもノーカラー(襟のないデザイン)の方がスッキリとした見た目になります。また、ボトムスは裾に向かって広がっていくワイドパンツ、もしくは膝から下にボリュームと広がりのあるフレアタイプがおすすめです。

Talk women01

もちろん上下別々に購入してコーデするのも良いですが、もうバランス考えるとか難しい!という人はセットアップとして売っているものが楽チンです!さらにおすすめはおしゃれなゆるっとコーデがお得意な韓国ブランド!お手頃な上に、女っぽいのに楽チンで抜け感のあるアイテムが豊富ですよ♪

メイク編:カラーレス✖️ツヤで「スッピン美人」を作り出せ!

ファッションは雰囲気バッチリ醸し出してるのにメイクを見たらなんかパッとしない...というのは一番残念なパターン!それを避けるためにもしっかりポイントを押さえましょう♪

Talk women02

おしゃれで雰囲気も美人な姉さんに仕上がったのに、メイクで躓きたくないね!

Talk women01

そうなんだよね。ファッションは抜け感のリラックススタイルなのに、メイクだけバッチリカバーされたアイメイクもギャンギャンであと不釣り合いだよね。

ファッションとメイクのバランスはとても重要です。ファッションに抜け感を持たせたら、メイクでもバランスを取る必要があります。抜け感のあるメイクのポイントはツヤのあるベースに盛っていないのに奥行きのある目元、ぷっくりしたツヤのあるリップの3点です♡

ベースは厚塗りNG!あくまでアラを隠す程度で◎

肌はやっぱり綺麗に見せたいからどうしても一番広範囲に乗せるファンデーションでアラをカバーしがちですが、ファンデはあくまで肌を均一にするアイテムと捉えてください!

カバーしたいところは基本的にはコンシーラーやコントロールカラーを使用します。本来、コンシーラーはファンデの種類によって使用する順番が違いますが、ナチュラルに、でも気になるところもカバーしたいなら化粧下地→コンシーラー→ファンデーションの順で重ねていくのがおすすめ!

韓国の美容ユーチューバー、Jaymeeforyouさんは本当にベースメイクの天才です!この動画をご覧になれば、コンシーラーの力の凄さが伝わるでしょう!

また、ベースメイクのベースとなるスキンケアは化粧水の段階でしっかり水分を肌に入れて、乳液やクリームでしっかり保湿をして水分を逃さないようにしましょう。そうすることで化粧崩れしにくく、乾燥からも肌を守ることができます。

ファンデーションはあくまでコンシーラーでカバーしたところを均一にならすアイテム。おすすめはクッションファンデ。薄く、しっかり叩き込んで、最後にふんわりとツヤ系のパウダーを大きめのブラシでのせます。

ファンデーションをもっと見る


アイメイクは盛るな!奥行き出しテクニックで横デカeyeを演出

いろんな色のアイシャドウを重ねて目元にボリュームを持たせるよりもどこにどの色をのせ、どんな質感のアイシャドウを乗せて立体感と奥行きを出すのかを意識すると、ナチュラルなのに印象的な目元を演出できます。

アイメイクはアイシャドウを何色も使ってグラデーションを作って目を大きく見せるというイメージですが、ベースになるカラー、瞼の中央に乗せるハイライトカラー、アイシャドウをぼかす締め色の3つがあれば十分です!

肌馴染みの良いベースカラーよりも、その次にもってくるような中間色を目のキワから瞼のくぼみの内側までぼかし広げていきます。さらに下瞼にも目尻から目頭に向かって3mmくらいの幅で中間色をのせます。

次に先にビューラーでまつ毛を上げ、目尻側のみに3mmほど目尻から流すようにアイラインを引きます。その上を締め色のアイシャドウでなぞり、軽くぼかします。この「ぼかす」という一手間が奥行きのある、横にも大きい目元を作ります。

黒目の上、まぶたの凸の部分、目頭に小さく「くの字」になるようにパールやラメのように立体感の出る質感のハイライトカラーを乗せます。

Talk women01

これまでは明るい色やハイライトカラーは目元を明るくするためにまぶた全体に乗せたり、下まぶたに乗せて涙袋を強調するという位置付けでしたか、それでは目元が膨張し、メリハリに欠けますよね...

まつ毛はあえてビューラーで上げず、ナチュラルタイプもしくはロングタイプのマスカラでスッと長いナチュラルに仕上げて、抜け感を出します。下まつ毛は目尻側だけササっと塗る程度でOKです!

アイメイクをもっと見る


リップメイクは血色&ぷっくりのナチュラルメイクが大優勝!

どうしてもメイクのどこかにポイントを置きたくてマット系のリップや濃いめのカラーを取り入れがちですが、それよりも血色を持たせる程度の色味で、リップグロスやリップオイルがおすすめです♪

リップメイクをもっと見る

ヘアスタイル編:フワッと無造作にすれば速攻で横顔美人!

ファッション、メイクまで揃ったら、残るはヘアセット!ここまで計算して抜け感と雰囲気を演出したんだから、ここでしくじるわけにはいきません!

Talk women02

私よくやりがちなんだけど、最後の詰めが甘くてヘアセットはいつもと同じとか、適当にまとめちゃうとかあるんだよね...

Talk women01

最後に力尽きちゃうパターン、あるね!でも、そこはあとひと踏ん張りしてみようよ(笑)まずね、せっかくの抜け感を崩さないようにギャンギャンに巻いた髪とか、明らかに頑張ってアレンジしました!っていうようなスタイルは雰囲気美人になりきる日は封印しよう。

ロング〜セミロングの人なら毛先だけリバース巻きにして、仕上げにしっかりとカールをほぐしてヘアオイルを馴染ませる。ボブヘアなら毛先だけ内巻きに巻いてヘアバターなどを馴染ませるなど、決して手を掛けすぎない、バッチリ決めすぎないことが大切です。

Talk women01

巻く時も絶対にこの方向で完璧に巻かなきゃ!と思わず、ざっくり、とりあえず動きを出せればいいかな〜くらいでOKです。

ショートヘアの人も同様に軽めのワックスやヘアバターなどを少量手にしっかり馴染ませ、クシュっと揉み込むようにしてスタイリングします。

まとめ髪の際も、ブラシでしっかりまとめ過ぎず、手ぐしでまとめる程度でOKです。また、後毛が出ても無理にピンや整髪料を使用してまとめようとせず、そのままの残し、つまむようにして手に残った整髪料を後毛に馴染ませてしまいましょう!

雰囲気美人のコツは自然体を演出することからスタート♪

美人=隙なくバッチリと作り込むというイメージがありますが、「オーラ美人」はあえてその逆で、時間も手間もかけてなさそうな「元から美人を作る」というところがポイントになります。

頑張りすぎない余裕を感じさせるコーデや素肌を活かしたメイクなど、全体的に程よく力を抜くことが大切!ご紹介したテクニックを試して、今すぐ美人に変身してみてください♡

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS編集部 2021/07/02更新,   初回公開日2021/07/04

やまだえま

EDITOR / やまだえま

『その人らしい色気は力なり』をモットーに綺麗でセクシーになる楽しみを伝えたい自称美容ライター♡、プライベートでは暴れん坊男子2人のシングルマザー、自身のブランド立ち上げを目指して奮闘中♡

関連記事一覧