ロースタイルの暮らしでお部屋をもっと広く快適に
2021/10/31
1532 VIEWS

ロースタイルの暮らしでお部屋をもっと広く快適に

Photo by:unsplash.com

ワンルームなど狭小住宅に住んでいると、あまりものを置いていなくてもアイテムによってお部屋がさらに狭く見えてしまうことも。お部屋の狭さに悩んだら「ロースタイル」な生活を実践してみませんか?低い家具やアイテムを取り入れることで、視覚的に抜けと解放感を取り入れることができますよ。

ロースタイル?

ロースタイルとは、インテリアでは高さが低めの家具をさす言葉。また「床に近い場所で過ごす生活スタイル」をロースタイルと呼びます。ローテーブルやローソファ、ベッドなどがロースタイルの家具にあたります。

ロースタイル生活ならではのメリット

Talk women01

ロースタイルな家具のある生活を取り入れると、どんなメリットが得られるのでしょうか?

空間に余白ができ、ゆとりのある空間を演出できる

ハイタイプの家具とは異なり、低めの家具でお部屋をコーディネートすることで、空間に余白が生まれます。この余白がお部屋の圧迫感を軽減し、より広い生活空間を演出することが可能に。

Talk women01

また、低い家具をメインにコーディネートすると天井も高く見えるように。全方向に余白が生まれます。

よりくつろぎやすくなる

私たち日本人はもともと床座の生活で過ごしてきました。床に近い場所で生活することで落ち着きを感じる方も多いのではないでしょうか?足を曲げたり伸ばしたり、寝転がってみたり、思い思いのくつろぎ方が楽しめるのもロースタイルならではですね。

生活動線が作りやすくなる

先にお話したとおり、低いものおくことで空間の全方向に余白が生まれます。余白が多くなると、生活動線を自分好みに調整できるように。より効率的に動ける空間を作りやすくなるのも、ロースタイルならではのメリットですね。

Talk women01

家具などが低くなることで、災害対策もしやすくなる、お子様のけがも防ぎやすくなる、といったメリットもあります。

ロースタイルインテリア、基本の作り方

空間を広く見せられるなど大きなメリットのあるロースタイルインテリアですが、どのように空間を整えていくのが良いのでしょうか?ここから、ロースタイルインテリアの作り方ステップをみていきましょう。

1. 空間全体の配色・テイストを絞る

ロースタイルのインテリアを作るなら、配色やテイストなどを決めていきましょう。家具の数が少なくても、全て高さがマッチしていてもテイストがバラバラだと散らかった印象に。こちらのようにある程度カラーとテイストをまとめておけば、よりおしゃれで統一感のある空間を演出できます。

2. 低めの家具でまとめていく

座って立ち上がる動作は、座面が低くなればなるほど腰に負担がかかりやすくなります。例えば、チェアなら座りやすい高さのもの、ベッドなら腰掛けて起き上がりやすいものなど、自分が使いやすい高さのものを選んでいきましょう。

Talk women01

空間に対する圧迫感を一番感じにくいのが高さ60cmほど。60cmより低いものを中心に選ぶほど、空間の解放感がアップしますよ♪

チェア・オットマンをもっと見る


家具同士の高さにギャップが出てくるほど、空間の抜け感が出にくくなることがあります。家具同士を近づけて使う場合、できれば高さにあまり差が出ないよう工夫してみましょう。

床に敷くもの・座って楽しむものを揃える

床座メインの暮らしになりそうなら、お気に入りの質感の広めラグを取り入れてみたり、クッションを取り入れてみるのがおすすめ。春夏はシャリ感と清涼感が楽しめるジュート(麻)ラグ、秋冬は毛足長めのあったかラグ…など、季節によってファブリックの素材を変えてみるのも良いですね。

BUYMAでラグマットを探しに行く!

BUYMAでソファを探しに行く!


Talk women01

ロースタイルのインテリアを楽しむなら、壁のディスプレイも座って楽しめる場所に移動させてみるのもおすすめ。


こちらの記事もチェック

こちらはモロッカンインテリアでお馴染みの大きなクッションをテーブルとして配置した空間。クッションをあえてテーブルとして配置することで、空間がより柔らかい雰囲気に変化していますね。TVボードやソファ、サイドテーブルの高さも統一しているのも素敵なポイント。

Talk women01

プフクッションはオットマン(脚置き)としても、スツールとしても使えるため大変重宝するアイテムです♪

BUYMAでプフを探しに行く!

BUYMAでサイドテーブルを探しに行く!

狭くても開放的♪ロースタイルインテリアでお部屋をプチ改造!

空間をより広く、開放的に見せたい方におすすめの「ロースタイルインテリア」の魅力や作り方ポイントをご紹介してきました。入室した時に視界に入る家具が低くなるだけで、視覚的に解放感が得られるロースタイルインテリアは、一人暮らしで狭めのお部屋に暮らしている方に特におすすめのインテリア技です。

狭さを特に感じる場所だけでも家具を低くしてみるとお部屋の雰囲気も大きく変わるので、時間がある時にぜひお部屋をプチ改造してみてはいかがでしょうか♪

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS編集部 2022/01/21更新,   初回公開日2021/10/31

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧