美しさと引き換えに“動物たち”を犠牲にしたくない。「クルエルティフリー」を宣言する海外ビューティーブランド5選
2022/01/26
899 VIEWS

美しさと引き換えに“動物たち”を犠牲にしたくない。「クルエルティフリー」を宣言する海外ビューティーブランド5選

Photo by:unsplash.com

大手ファッションブランドが毛皮の使用を禁止したり、動物性食品を一切口にしないヴィーガンであることを公言している海外セレブが増えている近年。今回はコスメと動物たちをこよなく愛する方々へ向けて、「クルエルティフリー」を宣言する5つの海外ビューティーブランドをご紹介します。

“動物たち”に優しい社会を創り上げていくために。

ファンデーションを塗った肌が太陽光線を浴びたとき、シャンプーが目に入ったとき、その成分が人間の体にどのような影響を及ぼすのか。製品を開発する上でこのような毒性や刺激性を測るため、動物たちを実験台として行われている「動物実験」。
近年では美容業界においても動物実験を廃止する動きが広まりを見せてはいるものの、未だに大手をはじめとした多くのブランドが動物実験を続け、消費者はそのことを知らずに購入しているというのが現状です。

しかし動物たちを傷つけずに共に幸せに生きていくためには、動物実験を行わない世の中が当たり前になる日まで、私たち消費者が今まで以上にこの問題に真摯に向き合うことで成し遂げられるはず。
まずはコスメを購入する前に、“動物愛護団体から正式に認められたものなのかどうかを確認する”ということから始めてみませんか?

“クルエルティフリー”を宣言する海外ビューティーブランド①

florence by mills(フローレンスバイミルズ)

Netflixの大人気オリジナルドラマ“ストレンジャー・シングス”でお馴染みの若手女優、Millie Bobby Brown(ミリー・ボビー・ブラウン)が手掛けるビューティーブランド「FLORENCE BY MILLS(フローレンス・バイ・ミルズ)」。
手に取りやすい価格帯でありながらも実用的かつ斬新で、環境や肌に優しい原材料や処方を採用した製品が欧米のZ世代のハートを鷲掴みにしています。

また、売上の一部を小児がんを患う子供達をサポートする団体“Olivia Hope Foudation”に寄付するなど社会貢献にも注力していて、開発・製造過程で「動物実験」を行なっていないのも大きな特徴。
写真を撮らずには居られないほど可愛らしいパッケージデザインばかりで、赤紫色に光り輝くピールオフマスクや、蝶々や雲のモチーフが愛らしいニキビパッチなど、日々の肌のお手入れが楽しくなる製品が取り揃えられています。

Florence by millsをもっと見る

“クルエルティフリー”を宣言する海外ビューティーブランド②

Sunnies Face(サニーズフェイス)

瞬く間にSNS上で話題を呼び、幅広い世代から根強い支持を集めている、フィリピン発のヴィーガンコスメブランド「Sunnies Face(サニーズフェイス)」。
「防腐剤フリー」「動物実験をしない」「動物由来の成分を含まない」という3つを掲げ、高級ブランドのように高品質でありながらも手に取りやすい価格帯であることから、海外セレブや美容系インフルエンサーたちの間でも話題となっています。

環境問題への取り組みにも注力していて、これまで未挑戦だった色で遊びたくなるような高発色なカラーラインナップや、ブランドの世界観が反映されたマットな手触りのパッケージ素材も魅力。
唇にも使うことができる滑らかなチークや、“くすみカラー”が可愛らしい速乾性に優れたマニキュアなど、コレクションしたくなるような製品が取り揃えられています。

Sunnies Faceをもっと見る

“クルエルティフリー”を宣言する海外ビューティーブランド③

Ere Perez(エレペレス)

栄養学や自然療法に関する研究に携わっていた創設者によって設立された、オーストラリア発のナチュラルコスメブランド「Ere Perez(エレペレス)」。
「化学薬品・ 人工香料・ 石油誘導体・鉱油・ 硫酸塩・パラベン・遺伝子組み換え作物」を添加せず、身近な食材や栄養価が高い原料のみを用いて作られたナチュラルな製品が、多くのウェルネス志向の方たちから支持されています。

製品開発に際して動物実験を一切行っておらず、ナチュラルでありながらも鮮やかな発色や、敏感肌さんや妊婦さんでも安心して使うことができる安全な処方も魅力。
トウモロコシが主原料のフェイスパウダーや、オーガニックアーモンドオイルが含まれた崩れにも強いマスカラ、人参から抽出した色素が使われたマルチバームなど、自然由来の美容成分にこだわっているだけではなく実用性を兼ね備えた製品が展開されています。

Ere Perezをもっと見る

“クルエルティフリー”を宣言する海外ビューティーブランド④

URBAN DECAY(アーバンディケイ)

世界中に熱狂的なファンを持つ、アメリカの西海岸で生まれたコスメブランド「URBAN DECAY(アーバンディケイ)」は、自身にぴったりな色を必ず見つけられる豊富なカラーラインナップや、敏感肌さんも安心なヴィーガン処方となっていることにも定評があり、ファッショナブルな見た目でありながらも「動物実験」の廃止を宣言しています。

“URBAN(都会)DECAY(堕落)”といったブランド名の通り、霧やサビといった都会の衰退のイメージにインスパイアされた奇抜で独創的な世界観も魅力。
一流メイクアップアーティストの中にも愛用者が多く、目移りするほど多種多様なアイシャドウパレットや、つけたての美しさを24時間キープする下地やセッティングスプレーなど、一度使ったら手放せなくなるようなハイスペックな製品が取り揃えられています。

Urban Decayをもっと見る

“クルエルティフリー”を宣言する海外ビューティーブランド⑤

DEAR DAHLIA(ディア ダリア)

“庭園の女王”と呼ばれるダリアの花からインスピレーションを受けて誕生した、韓国生まれのヴィーガンビューティーブランド「DEAR DAHLIA(ディア ダリア)」。
有害成分と動物実験を徹底的に排除し、肌ダメージを補修する「ダリアの花エキス」や、エコサート&USDA認証済のオーガニック成分などをもとに作られた、肌にも環境にもやさしい高機能な製品に定評があります。

大理石の柄が施された高級感が漂うパッケージデザインも魅力で、水光肌を叶える潤いたっぷりなクッションファンデーションや、上品かつ魅惑的な口元を演出するリップスティックなど、女性一人一人が持つ個性美を引き出すエレガントな製品が取り揃えられています。

DEAR DAHLIAをもっと見る

いかがでしたか ?

ヨーロッパでは「動物実験」を行ったコスメの販売を2013年より全面禁止するなど、いち早く強い措置を取っていましたが、依然として動物実験を行っている国々が大半を占めているのが現実。
消費者である私たちが慎重にコスメを選ぶことこそが、動物たちに優しい社会を創り上げていくための大きな一歩に繋がるはずです。

クルエルティフリー ビューティーをもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS編集部 2022/01/26更新,   初回公開日2022/01/17

NTM

EDITOR / NTM

元👉外資系化粧品メーカー美容部員
Make/Skincare/Perfume 海外化粧品マニア ♡
✏>>>> Beauty lighter

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧