【香り別】冬におすすめしたいフレグランス・香水 | 香りのタイプ別6選♡
2022/12/19
13408 VIEWS

【香り別】冬におすすめしたいフレグランス・香水 | 香りのタイプ別6選♡

Photo by:unsplash.com

毎日何気なく使っている香水。実は季節によって使い分けるのが、正しい付け方。今回は冬にぴったりなフレグランスを香りの系統別にご紹介いたします♡

INDEX

 

冬に着けたい香水って?

大人の嗜みのひとつである香水。厳選された香料と調合で、一日を通して香りの変化を楽しめるのも魅力ですよね。実はそんな香水もお洋服と同じように“衣替え”が必要なんです♡

Talk women01

冬におすすめな香水はズバリ、重厚感のある香り!。湿度の低い冬は、香水の香りが一番飛びやすい季節でもあるので、香りの強いタイプのフレグランスでも、程良く楽しむことが出来ます。

ここからは、おすすめのフレグランスを香りの系統別でご紹介いたします☟

バニラ系

Talk women01

バニラは、その名の通り甘い香りが特徴。フローラル系の甘い香りよりは、ボディがしっかりしているので子供っぽくなり過ぎず、大人の女性向けにおすすめの香りです。

Saint Laurent(サンローラン) リブレ オー デ パルファム スプレー

筆者も愛用している、Saint Laurent(サンローラン)のリブレ オー デ パルファム スプレー。ベースにマダガスカルバニラを調合した、爽やかながらもスパイシーな香りが特徴。THE大人の香りと言った印象で、目いっぱいおめかしした日に着けたくなる一本です。

トップノート:マンダリンオレンジ、ラベンダー、カシス、プチグレイン
ミドルノート:ジャスミン、ラベンダー、オレンジの花
ベースノート:マダガスカルバニラ、シダー、アンバーグリス、ムスク

こちらもおすすめ☟

DIPTYQUE(ディップティック)・オーデュエル

バニラ系の香水はこちらをチェック

ムスク系

Talk women01

重めの香りの一つに挙げられるムスク。古くは麝香鹿(ジャコウジカ)が分泌物から採取され、どこか甘く、野性的でそして温かみのある、まさに冬にぴったりの香り。また、香水でよく用いられるホワイトムスクは、パウダリーなせっけんのような香りが魅力。

BYREDO(バイレード) BLANCHE(ブランシュ)

フランス語で「白」を意味するBLANCHE(ブランシュ)は、BYREDO(バイレード)の香水の中でも、ダントツの人気を誇る名品パフューム。洗い立てのコットンのような、柔らかい香りです。メゾンマルジェラのレイジーサンデーモーニングが春~夏だとしたら、秋冬~春にかけて使いたい一本です。

トップ:アルデビド、ピンクペッパー、ホワイトローズ
ミドル:ネロリ、ピオニー、バイオレット
ラスト:ブロンドウッド、ムスク、サンダルウッド

こちらもおすすめ☟

CELINE(セリーヌ) ダン・パリ

CELINE(セリーヌ)ダン・パリはこちら

ムスク系の香水はこちらをチェック

ローズ系

Talk women01

古くから高級な香料として、愛されているローズ。華やかな香りですが、リフレッシュや落ち着きをもたらす効果もあるんだとか♡ローズは爽やか~重めと幅広いので、1年を通して楽しめる系統です。

Jo Malone(ジョーマーロン) ヴェルベット ローズ & ウード コロン インテンス

イングリッシュペア&フリージアなど数々の“モテ香水”を世に送り出しているJo Malone(ジョーマーロン)。芳醇で深みのあるダマスク ローズがスモーキーに香る、重厚感のあるフレグランスです。じんわりと深みのある甘さを楽しめます。

トップ:クローブ
ミドル:ダマスク ローズ
ラスト:ウード

こちらもおすすめ☟

HERMES(エルメス)・ツイリー ドゥ エルメス オー ポワヴレ オー ド パルファム

ローズ系の香水はこちらをチェック

ウッディ系

Talk women01

ウッディ、ウッド系はその名の通り『樹木』の香り。お寺で嗅ぐお線香のような重厚感で、落ち着いた印象にぴったり。甘い香りが苦手な方でも、着けやすい香りです。

AESOP(イソップ)・エレミア

アロマ調の香水が魅力のAESOP(イソップ)。森林を歩いている気分になるエレミアは、ウッドの香りを最大限に楽しめる一本です。深みのあるウッドにユズの爽やかさで印象的な香りを演出。冬の風物詩であるユズは、冬に楽しみたい香りです。

トップ: ユズ、ベルガモット、グレープフルーツ
ミドル: ミモザ、グリーンティ、グアヤクウッド
ラスト: ガリバナム、イリス、パチュリ

AESOP(イソップ)・エレミアはこちら

こちらもおすすめ☟

AESOP(イソップ)・ヒュイル

AESOP(イソップ)・ヒュイルはこちら

ウッド系の香水はこちらをチェック!

タバコ

Talk women01

少しセクシーで大人っぽい香りのするタバコ(煙草)。なんとなく臭い印象がありますが、メンズの香水ではよく使われている香料の1つなんです。重厚感のある香りのため、秋冬におすすめです。

Santa Maria Novella(サンタマリアノヴェッラ)・トバッコ・トスカーノ

トスカーナの煙草・葉巻からインスパイアされた「トバッコ・トスカーノ」は、ユニセックスで楽しめるダンディな香り。ウッド、タバコとレザーのスモーキーさ、そしてバニラの甘さが印象的。どこかオリエンタルな雰囲気もあり、冬やニットに着けたいフレグランスです。

トップ:ベルガモット、トスカーナタバコの葉
ミドル:レザー、アンバー、バーチウッド
ラスト:シダーウッド、ガイアカム、サンダルウッド、ムスク、バニラ

こちらもおすすめ☟

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)・Jazz Club(ジャズクラブ)

タバコ系の香水はこちらをチェック!

ベリー

Talk women01

冬ってフルーティーな香水はイマイチ?いえ、そんなことはありません♡ベリーをチョイスすれば、程良い爽やかさを楽しめるはず!クリスマス気分が盛り上がる香りです。

GUCCI(グッチ)・ギルティ アブソリュート

ブラックベリーのトップが印象的なGUCC(グッチ)の名香、ギルティ アブソリュート。甘く爽やかな香りというよりは、妖艶で芳醇なイメージです。冷たく、深い森の中に佇む凛としたブラックベリーを彷彿とさせ、スモーキーな甘さとパチュリの苦みが肌に残ります。

トップ:ブラックベリー、ベルガモット、ピンクペッパー
ミドル:ブルガリアン・ローズ、イトスギ、ウッディ・ノーツ、ベチバー
ラスト:アンバー、パチュリ

GUCCI(グッチ)・ギルティ アブソリュートはこちら

こちらもおすすめ☟

Jo Malone(ジョーマローン)・ブラックベリー & ベイ

ベリー系の香水はこちらをチェック!

まとめ

今回ご紹介したのは、どれも冬らしいフレグランスばかり。どれも外れのない香りだから集めたくなりますね◎季節にあった香りを纏って雰囲気を格上げしちゃおう♡

Talk women01

BUYMAなら日本国内では手に入らないフレグランスも豊富♡この機会にチェックしてみて下さい↓↓↓

香水・フレグランスはこちらをチェック!

あなたにおすすめの記事はこちら

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Agnes

EDITOR / Agnes

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧