今年こそゲットしたい北欧ブランケット5選
2022/10/04
505 VIEWS

今年こそゲットしたい北欧ブランケット5選

Photo by:www.buyma.com

北欧の長くて寒い冬では、ブランケットはマストハブ。そんな北欧でブランケットを展開するおすすめブランドをご紹介します。寒さが本格的になる前に、ブランケットは選んでおきたいもの。きっとお気に入りが見つかるハズです!

北欧で大事なものーブランケット

北欧では、10月から寒くなり始め長い冬に突入します。家の中で過ごす時間が長い冬の北欧では、長い時間過ごせる“ブランケット”が大活躍。体を温めるのはもちろん、ぬくぬくとした心地よさを求めるためにくるまるブランケットは、北欧ではマスト・ハヴのアイテム。そんな背景から、北欧のインテリアショップでは、ブランケットを扱うブランドが多く存在します。

そんな北欧では、ウールもの、フリースもの、そして北欧の自然が描かれたデザインのものなど、ブランケットの種類も豊富。そこで今年は冬を乗り切るために、北欧で人気のインテリアブランドから、ブランケットを選んでみませんか?

Talk women01

ベッドルーム用、リビングルーム用など部屋ごとにわけてもいいかもね!

これで秋~冬は安心! おすすめ北欧ブランド5選

1:MARIMEKKO|フィンランド

北欧といえば、フィンランドの代表的なインテリアブランドMARIMEKKO(マリメッコ)。アイコニック的なデザイン、ポピーの花のデザインUNIKKOは人気パターンの1つ。心が華やぐデザインだけではなく、ウールとコットンで作られたこのブランケットは、暖かさも約束してくれます。

Talk women01

リビングルームで使いたい1枚ね。家族がいたら取り合いになりそうなデザインね。

MARIMEKKO ブランケット一覧

2: LAPUAN KANKURIT|フィンランド

出典:www.buyma.com

フィンランド語で、“ラプアの織り手たち” という意味を持ったブランド、LAPUAN KANKURIT(ラプアン カンクリ)は、フィンランドのテキスタイルブランドです。自然の材質にこだわり、丁寧に織られた高いクオリティのブランケットは、フィンランドの自然からイメージされるお花、樹々やリーフのデザインが人気です。

Talk women03

会社でも使えそうなデザインね。ひざ掛けにしたいな。

LAPUAN KANKURIT ブランケット一覧

3:KLIPPAN|スウェーデン

スウェーデン発のテキスタイルブランドKLIPPAN(クリッパン)は、スウェーデン南部の農場の羊から刈り取られたウールを使用しています。製作工程で、切り落とされたウールをリサイクルにするなど、資源を無駄にせず作られたKLIPPANのブランケットは、スウェーデンでも象徴的な、羊やトナカイ、そしてもみの木といった動物や自然をモチーフにデザインされています。

Talk women02

ちょっとそこまでコーヒーを買いに行く時など、外に行く時に羽織っていかれそうなかわいいデザインね。

KLIPPAN ブランケット一覧

4: TEKLA|デンマーク

デンマーク・コペンハーゲン発祥のテキスタイルブランドTEKLA(テクラ)。機能性と一切妥協しないクオリティを追求するTEKLAのアイテムは、ウールはもちろん、カシミア、ファインメリノ、モヘアなどでできています。デザインは、シンプルでタイムレス。ベースの1枚として持っておきたいブランドです。

Talk women01

シンプルに、ベッドルームで使いたいアイテムね。朝、起きた時にすっぽりくるまっていたいな・・

TEKLA ブランケット一覧

5: HAY|デンマーク

デンマークの人気インテリアブランドHAY(ヘイ)。独特な斜めのラインが特徴的で、やわらかなウールで作られたものや、ソフトで軽量なコットンを使用したものがあります。気温に合わせて使い分けてみてもいいですね。

Talk women02

気温に合わせて使い分けたいから、2つのタイプをソファーに置いておきたいな。

HAY ブランケット一覧

いかがでしたか?

おすすめ北欧ブランドが展開するブランケットは、いかがでしたか?
寒い冬をぬくぬくと暖まるためのブランケットは、冬の間、長い時間を過ごす大事なもの。お気に入りのものを選びたいですね。ぜひここでご紹介したブランドもぜひ参考にしてみてください。

北欧ブランド ブランケット一覧

あなたにオススメの記事はこちら

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Coolme

EDITOR / Coolme

ファッションはアクセサリーありき、がモットー。20年以上の海外生活で様々なアクセサリー・ジュエリーを目にし、自分も身に着けてきました。元海外生活情報誌ライター→フリーランスウェブライター

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧