海外雑誌が手掛ける【 Harper's BAZAAR Cosmetics(ハーパーズ・バザー・コスメティックス) 】をリサーチ!
2022/11/26
207 VIEWS

海外雑誌が手掛ける【 Harper's BAZAAR Cosmetics(ハーパーズ・バザー・コスメティックス) 】をリサーチ!

Photo by:www.instagram.com

創刊から150年が経った今もなお、世界中を魅了し続けている海外ファッション誌“Harper's BAZAAR(ハーパーズ・バザー)”から誕生したビューティーブランド「Harper's BAZAAR Cosmetics(ハーパーズ・バザー・コスメティックス)」をご紹介します。

一世紀を超えて愛される、NY生まれの“ファッション雑誌”。

Harper's BAZAAR (ハーパーズ・バザー)

1867年にNYで創刊され、今もなお変わることなく愛され続けている世界最古のファッション雑誌「Harper's BAZAAR (ハーパーズ・バザー)」。

流行最先端のファッションを軸に、最新のコスメやインテリア雑貨、そして様々な業界で輝く人物にフォーカスした特集など、枠にとらわれることのない多様な切り口で世界中の女性たちをエンパワメントしています。

Talk women01

毎号読むたびに審美眼を養うことができる「Harper's BAZAAR (ハーパーズ・バザー)」は、まさに女性にとって無くてはならない存在ですよね。

Talk women03

そんな一流雑誌から誕生したビューティーブランド「Harper's BAZAAR Cosmetics (ハーパーズ・バザー・コスメティックス)」では、目の肥えた美容通たちも惚れぼれするプロダクトがずらり。
リーズナブルな価格帯でありながらも、配合成分の透明性や機能面など全てにおいて高いクオリティを誇っているんです。

Talk women03

そこで今回は、3つのプロダクトを厳選してお届けしていきます !

① どこへでも連れて行きたくなる「スティックバーム」

《 商品名 》 Harper’s BAZAAR Skin Fit Aqua Sun Balm

圧迫感のない軽やかなつけ心地でありながらも高い紫外線カット機能(SPF50+ PA++++)を発揮するこちらのスティックバームは、ワンストロークでみずみずしい艶めきを纏わせるウォーターベースで、肌表面を覆うように隙間なく密着してくれるためメイク下地として使用することもできます。

肌の火照りをクールダウンさせながら肌本来の透明感を引き出す保湿成分「氷河水 (ノルウェー)」「ハーブエキス (アップルミント、タイム、グリーンティー)」「ナイアシンアミド (ビタミンB3)」や、色素沈着を抑制する「植物幹細胞」などを配合。

Talk women01

場所に関係なく手を汚さずクイックに取り入れることができるため、日焼けや乾燥など肌ダメージを受けてしまいやすいゴルフ中や、エアコンによる乾燥が気になる勤務中にも大活躍してくれること間違いなしです。


BUYMAで他の“スティックバーム”を見る ⇩

② 羽毛のようにソフトな「リップティント」

《 商品名 》 Harper's BAZAAR Soft Touch Velvet Lip Tint (全5色)

アプリケーターが柔らかな“パフ”になっているこちらのリップティントは、スフレのように軽やかな使用感や唇の内側から滲み出ているかのようなソフトマットな仕上がりが特徴。

色の微調整がしやすいためグラデーションも簡単に作り出すことができ、みずみずしい潤いを閉じ込めながら乾燥ダメージを防ぐ「ヒアルロン酸」「ローズヒップフルーツオイル」「センティフォリアローズ (フランス産)」などの美容成分が贅沢に含まれています。

Talk women03

秋冬の装いにも映える5種類のカラーバリエーションが展開され、どれも表情をドラマティックに飾ってくれます !

③ 多幸感に満ちた艶肌を叶える「クッションファンデ」

《 商品名 》 Harper's BAZAAR Aqua Skin Fit Cushion Foundation (全2色)

クッション部分に施された星型のモチーフが目を惹くこちらのクッションファンデーションは、暗く沈んだ顔色を一掃するピンクベースの2色展開で、リッチな潤いを一日中保ち続ける「植物性オイル (オリーブオイル、マカダミアナッツオイル、ホホバオイル、グレープシードオイル)」「ナイアシンアミド (ビタミンB3)」などを含有。

SPF50+ PA++++という高い紫外線カット機能と圧迫感のないつけ心地を兼ね備えているのも魅力で、微粒子技術によってシャープな立体感を生み出しながら、一点の曇りもない柔らかな艶肌を演出することができます。


今季流に仕上げるなら“ファンデブラシ”で塗布 !

Talk women01

2022年秋冬の主流になっている、手が込んでいないように見せながらも隙のない端正なベースメイクを作り上げるためには、付属のパフではなく「リキッドファンデーションブラシ (合成繊維)」を使うのがおすすめ。

ファンデーションブラシをもっと見る

いかがでしたか ?

Talk women03

“何年経っても変わらない美の秘訣を提供する”という想いが込められたHarper's BAZAAR Cosmetics (ハーパーズ・バザー・コスメティックス)のプロダクトを、ぜひ手に取ってみてください。

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS編集部 2023/01/23更新,   初回公開日2022/11/26

NTM

EDITOR / NTM

元👉外資系化粧品メーカー美容部員
Make/Skincare/Perfume 海外化粧品マニア ♡
✏>>>> Beauty lighter

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧