キャップ選びにセンスが出る!世界で人気のキャップを一挙ご紹介!
MEN
2019/02/23

キャップ選びにセンスが出る!世界で人気のキャップを一挙ご紹介!

出典:www.buyma.com

季節を問わず愛用出来るキャップ。お洒落は勿論、寝起きの髪を隠したいときにだってサッと被れちゃう便利アイテム!そんなキャップ選びで実はセンスが分かれるんです!男性受けも抜群のお洒落なキャップはコレだった!

お気に入り追加

スタイルハウス的ヒットアイテム

■Calvin Klein(カルバンクライン)

1968年、カルバン クラインが自身の名を冠したブランド「カルバン クライン」を設立。アメリカントラディショナルをベースにした機能的でマスキュリンなシンプルデザインが特徴。「全てはカッティングから始まる」という言葉通り、ボディラインを強調した洗練されたシルエットがニューヨークのキャリアウーマンを中心に話題に

セレブが愛用しているブランドはコレ!

■Justin Bieber (ジャスティン・ビーバー)愛用
JAMES PERSE(ジェームスパース)

セレブリティに愛用者が多く、海外ではジャスティンビーバー、ケイト・モスやニコール・リッチーが愛用していることで有名です。2003年には初の直営店をオープン。またバーニーズニューヨークやサックスフィフスアベニューなど高感度ショップでも取扱いがあります。

■DRAKE(ドレイク)愛用
OCTOBERS VERY OWN(オクトーバーズ ベリー オウン)

同ネームのレーベルを持つ人気ラッパー、DRAKEのファッションブランド。
2008年よりDRAKEのコンサートツアーのみで販売され、大好評となっていたOVOのクロージングライン。商品展開を広げ、自身の出身地であるカナダのトロントに初の路面店をオープンさせた。DRAKE自身もプライベート・ステージ衣装共に頻繁に着用している。

■JAY-Z(ジェイ・ジー)愛用
New Era(ニューエラ)

多くのセレブが着用しているニューヨークヤンキースのキャップ。これをかぶれば多くのニューヨークセレブとお揃い間違いなし!

■Travis Scott (トラビス・スコット)愛用
FUCK ART, MAKE TEES(ファックアートメイク ティーズ)

世界中で話題沸騰中!!フランス・パリ発祥のストリート界の次世代ブランド。
現代のファッションシーンに対する皮肉を交えたメッセージ性の強いワードを、控えめなフォント字体で表し、ストリートアイテムに落とし込むデザインが話題を呼んでいます。
海外のトップアーティストから人気に火が点き、人気ラッパーの「Travis Scott(トラヴィス・スコット)」や「Lil Uzi Vert (リル ウージー ヴァート)」、トップモデルの「kendall jenner(ケンダル・ジェンナー)」などが着用。他にも世界を代表するトップモデルや、アーティストたちも着用するなど、注目度と人気は確実。取り扱いのあるショップも限られており、品切れのアイテムも多く、間違いなく勢いのあるブランドです。

ラグジュアリーブランドのキャップ

■GUCCI(グッチ)

GGロゴが断然今っぽいGUCCI(グッチ)のキャップ。モードストリートスタイル好き男性に人気です。

■BALENCIAGA(バレンシアガ)

依然と人気のバレンシアガのロゴキャップ。男性女性問わず今季大注目ブランドです。後ろでサイズ調整できますのでユニセックスで使えるのがうれしい。

■GIVENCHY(ジバンシー)

ジバンシィは、1952年に設立されたフランスのブランド。現在では服飾、装飾品だけでなく、コスメラインも展開してる世界的なブランドです。古くはオードリー・ヘップバーンなどが着用し、彼女を通じて世界的な流行の最先端を担ってきました。その後、デザイナーが交代するなど、様々な歴史を経てきたものの、古きよきデザインは健在。最近マドンナがワールドツアーでジバンシィのドレスを着用したことで、再び話題に。正統派フレンチファッションを代表するブランドです。

■Off-White(オフホワイト)

『OFF-WHITE(オフホワイト)』は、人気HIP-HOPアーティスト『Kanye West (カニエ・ウェスト)』のクリエイティブディレクターを勤め、セレクトショップ『RSVP GALLERY』、人気ブランド『PYREX VISION 』を手掛ける『Virgil Abloh (ヴァージル・アブロー)』により2014年春夏シーズンからスタートしたハイエンドなストリートウェアブランドです。20世紀のモダニズム建築家ミース・ファン・デル・ローエの作品からインスピレーションを得た力強いグラフィックデザインをシグネチャーに、バリエーション豊富なコレクションを展開しております。

■Y-3(ワイスリー)

ヨージヤマモトファンのみならず、モード好きなメンズたちに再び支持を集めだしているY-3(ワイスリー)。1点投入でサマになるお洒落キャップの代表格。

サーフ・アウトドアブランド好きにはコレ!

■Ron Herman(ロンハーマン)

LA発、洗練されたアイテムが揃うセレクトショップ「Ron Herman(ロンハーマン)」。
「FRED SEGAL(フレッドシーガル)」のバイヤーだったロン・ハーマンが、1976年ハリウッドのメルローズアベニューにオープンしたセレクトショップ。洗練されたセレクトで知られ、数多くのセレブからも絶大な支持を受けています。

■CANADA GOOSE(カナダグース)

ダウンで有名なCANADA GOOSE(カナダグース)。実は小物も充実しているってご存知ですか?なかもでロゴキャップはファッショナブルな大人な男性に大人気なんです。

■THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

2018年大ブレイクしたTHE NORTH FACE(ザノースフェイス)。どんなスタイルにも馴染んでしまうキャップは1つ持っておくだけで重宝すること間違いなし。

■Nike(ナイキ)

人気スポーツブランドはコレ

世界的に人気で、定番のブランドキャップが今年は大人気。NIKE(ナイキ)は、ブロガーなどのファッショニスタたちもかぶっています。

■adidas(アディダス)

人気ストリートブランドのキャップ

■STUSSY(ステューシー)

王道ストリートブランドとして愛され続けるSTUSSY(ステューシー)
ストリートブランドとしてのイメージが強いSTUSSY(ステューシー)ですが、 そのはじまりは1980年、南カリフォルニアのラグナビーチを拠点にしたサーフカルチャーから生まれ、ショーン・ステューシーにより設立されました。デザインの特徴はショーンによるオリジナルの字体「ショーンフォント」とブロック体によるブランドネームの「ストックロゴ」がよく用いられます。

■Supreme(シュプリーム)

Supreme(シュプリーム)は1994年、ニューヨークでジェームズ・ジョビアによりスケーターのためのショップとしてスタートしました。スケーターカルチャーの中心的役割を担うブランドで、デザイナーやミュージシャン、アーティストなどからも強い支持を得ています。Supremeはブランド名であり、ショップ名でもあるため、ショップでは他ブランドのアイテムも販売しています。また ブランドコラボレーションが多いのも特徴のひとつで、有名なところではTHE NORTH FACE(ノースフェイス)、COMME des GARCONS SHIRT(コムデギャルソンシャツ)等の人気が非常に高いです。新作やコラボアイテムの発売時には店頭に長蛇の列が出来るほど人気も高くファンも多い、まさにストリートの最高峰ブランドです。

■VIBRATE(バイブレート)

LAカルチャーからインスパイアされた韓国発ストリートブランドです。振動で揺れる指を表現したセクシュアルなロゴが特徴で人気を博しています。アメリカをはじめとする海外で大ブームを巻き起こし、韓国ではBlockBのZICOさんが日常的に愛用していることでも知られています。細部までこだわり抜かれたかわいらしいデザインはストリートのみならず幅広い年代、人々に受け入れられています。

■CAYLER&SONS(ケイラーアンドサンズ)

ドイツ-ミュンヘン発のヘッドウェアブランドCAYLER&SONS(ケイラー・アンド・サンズ).
"For true heads-by true heads"をモットーとし、その独自のボディ、着用時のシルエットからアンダーバイザーの表情に至るまでの徹底した作り込み、フロントパネルに配された肉厚の刺繍ワッペンがインパクトある存在感を発揮します。

いかがでしたか?

キャップを持っている人も、イマドキのブランドに更新して気分を上げてくださいね。

メンズキャップを人気順でもっと見る!

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

MIO

EDITOR / MIO

東京在住Fashion bloggerとして活動中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧