【STYLE HAUS編集部のコレ気になる】メンズが着るならモンクレールMAYAが良い。
OUTER
2018/12/02
36586 VIEWS

【STYLE HAUS編集部のコレ気になる】メンズが着るならモンクレールMAYAが良い。

Photo by:www.buyma.com

今年の冬ダウンに、ずっと愛用できるMONCLER(モンクレール)の購入を検討させている方も多いのでは!?今回は、毎シーズン沢山のモデルが発売されるモンクレールの中で「買って失敗なし!」と思えるおすすめのモデルMAYAをご紹介します。

モンクレールが欲しいけれど何を買ったら正解?

コートやダウンって買ったときは大満足だけれど、次のシーズンにもう一度着てみようと思ったら「何だか古臭い…」そんなことありませんか?

特に、MONCLER(モンクレール)のダウンは、毎シーズン数えきれない程沢山のモデルが登場します。お値段だって決して安いものじゃないですよね。
だからこそ、長く着られる納得の1着が欲しい!そんな声にお応えして、STYLE HAUS編集部員が独自リサーチ!

そして、遂に見つけた間違いない1着が「MAYA(マヤ)」でした!

MAYAをもっと見る

モンクレールMAYAのここが良い!【2大おすすめポイント】

Talk men01

①定番モデルだから外れがない

モデルの入れ替わりが激しいモンクレールですが、MAYAは長く販売されている定番モデルです。
モンクレールは、沢山のモデルの中から定番モデルになるものが滅多にないので、そんなMAYAは貴重な定番人気モデルと言えます。

Talk men01

②ツヤ感があるおかげで高級感があり大人っぽい

MAYAは年齢問わず着られるモデルですが、特におすすめしたいのが”大人の男性”。

ダウンはどうしてもカジュアルに見えがちですが、MAYAはツヤのある素材のおかげで、なんとも言えない高級感をまとっています。

そんなMAYAは、大人の男性が着るとより一層”大人の余裕”と”カッコよさ”が引き立つ1着。

余談ですが、今年話題の藤原ヒロシが手掛ける「MONCLER GENIUS(モンクレールジーニアス)」からも、MAYAの様なツヤ感のあるダウンが登場しています。
人気デザイナーもMAYAの様なツヤ感のある素材に惹かれたのでは!?と勝手に想像してしまいますね。
↓そのダウンがこちら↓

STYLE HAUS編集部では、ドレイクもブルーのMAYAを着用しているのを発見しました!

MAYAはどのサイズを選べばいい!?

実際にMAYAを購入している方々のリアルな着用レポートをご紹介!

kazoo858さんの着レポ:172cm 64kg「2サイズ」を購入

Talk men03

大きさは大満足です。
モンクレールの直営店では、1か2サイズだと言われました。どちらかというと、モンクレールでは、着用時の見た目の美しさを重視し、ピッタリのサイズ(私なら、1サイズ)を勧めるみたい…着用時は、ピッタリだが、腕の曲げ下げ時にピチピチ、窮屈感あり。


でも、こればかりは、個人の着方の好みだと思います…ワンサイズの違いは、たかが2センチの違い。
腕を曲げたり、上げたりする時の窮屈感が駄目で、モンクレールは2サイズを買ってます。DUVETICA(デュベティカ)だと48サイズ。


見た目はシンプルで、反射系黒で合わせやすく、汚れにくく、普段使いに最適です。お薦め。

さっちゃん_rさんの着レポ:165cm 50kg「0サイズ」を購入

Talk men02

普段のサイズはSです。
中に厚手の物を着ると少し窮屈かなと感じますが、デザインや色・質感はとても気に入りました。
まだまだ寒い日が続くので大活躍!

よく厚着をされる方やジャケットの上から着たい方は、普段のサイズか少し大き目が良いかもしれません。
ただ、モンクレールは1枚でかなり暖かいので、あまり中に着こまなくても普段の生活なら十分暖かいと思います。

みんなのMAYA着用レポートをもっと見る

日本で買うよりお買い得!?編集部オススメのMAYAをご紹介

日本国内の定価は¥164,160なのですが、それよりもお得なMAYAを編集部が発見しました!

▼ブラック
何にでも合わせやすいブラック。光沢のあるブラックは男らしさを感じる1着。

▼ダークブルー
すでにブラックのダウンをお持ちの方におすすめしたいのがネイビーの様なダークブルー。
こなれて見えるだけでなく、ブラックよりも優しい印象に仕上がります。

MAYAをもっと見る

いかがでしたか?
2018年アウター選びの参考に、少しでもお役に立てると嬉しいです!

▼モンクレール関連記事をチェック▼

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS

EDITOR / STYLE HAUS

STYLE HAUSの編集スタッフ

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧