【朝の10分で人生が激変!?】ポジティブな自分に生まれ変わる「モーニングメソッド」10日間チャレンジ
2019/09/06
1169 VIEWS

【朝の10分で人生が激変!?】ポジティブな自分に生まれ変わる「モーニングメソッド」10日間チャレンジ

Photo by:www.instagram.com

「朝だらだら寝ちゃうのをやめたい」「朝時間をもっと有効に活用したい」と思っている方におすすめしたいのが「モーニングメソッド」。大事故から復活したある男性が提唱した朝活方法なのですが、これが年齢を問わず多くの人々に大ヒット。どんな方法でどんな効果が得られるのかをご紹介。

正直、朝活って何からすべきかわからない…?

近年話題の「朝活」ですが、「何をすべきかわからなくて結局すぐやめた」という方も多い模様。みなさんはいかがでしょうか?せっかく朝早く起きることができたのに、なにもできなかったのは悲しいですね。

そこで今回ご紹介したいのが「モーニングメソッド」
大事故や事業の失敗を乗り越えたアメリカのハル・エルロッドさんによって提唱された朝活のメソッドです。どんな朝活内容なのか、早速チェックしてみましょう♪

自己成長を目的とした朝活ルーティーン

モーニングメソッドは、ハルさんの著書タイトルから名付けられた自己啓発系朝活ルーティーン方法。主な考え方は「全ては自分次第。自分の人生に責任を持つ」「自分が変われば環境も変わる」という考え方。他の朝活と同じく、朝の時間を使った自分を変えるため(自己啓発)のルーティーンです。

ミラクルモーニングに期待できるメリット

メリットとしては「1日のモチベーションが上がる」「1日ポジティブに過ごせる」「ワクワクする」「なりたい自分に近づける」「潜在意識が開花する」といった、精神的にポジティブになれるメリットから自分の理想に近づけられるメリットまで期待できます。毎日モチベーションが高くワクワクできるなら、喜んで早起きしたくなりますね♪

最近なんかどんよりしている、慢性的に心が疲れてる、どうしてかわからないけれどやる気がない…など、最近サエてない方や日常をポジティブなものに変えたいと思っている方、目標を作って努力を続けたい方にとくにおすすめの朝活です。

Talk women01

「ミラクルモーニング」は英語版から日本語に翻訳されて出版されています。気になる方はぜひ手に取ってみてください。

ミラクルモーニングの具体的な方法

ミラクルモーニングメソッドは、はじめからすることが決まっているのが魅力。
これで「朝何するかわからなくなった」現象を防ぐことができます。誰しもが聞いたことがあるであろう、おなじみの自己啓発メソッドを毎日6つ続けるだけです。6つのメソッド(著書では、頭文字をとってSAVERSと呼ばれています)をみていきましょう。

Talk women01

6つのメソッドは、それぞれその日に取れる時間に合わせて配分を決めてみてくださいね。

Silence(サイレンス)瞑想など心を穏やかな状態に

まずは静かに目を閉じ、一日の始まりを静かに迎えましょう。
一日の始まりがバタバタしていると一日中慌ただしい雰囲気になることもありますが、一日を穏やかに静かに始めることができたら、その日一日穏やかな気持ちで過ごせるといわれています。

しばらく瞑想することで、脳の活動や体にポジティブな影響を与えることができるのも瞑想のメリット。ちなみに、この瞑想は世界の大企業でも取り入れられている精神統一方法でもあります。

Affirmation(アファメーション)自己肯定する

「アファメーション」は「自己肯定」のこと。
自分に自信を持ってポジティブに生活する上でとても必要なものですよね。朝の時間に自分に対してポジティブな言葉をかけてあげることで、無意識に感じているネガティブな思い込みなどを徐々に消していき、ポジティブな感情を潜在意識に刷り込んでいくことができます。これを毎日続けることで、自分の思考や行動がポジティブに変わっていくといわれていますよ。

Visualization(ビジュアライゼーション)イメトレ

次に、自分がなりたい理想像や目標を達成しているところ、理想の生活を送っているところなどを想像してみましょう。漠然としたものではなく、できるかぎり鮮明で具体的なものをイメージしてみてください。鮮明であればあるほど、現実化させるための行動がスピードアップされますよ♪

Talk women01

アスリートたちが本番を想定してイメトレするのと同じようなイメージですね。

EXERCISE(エクササイズ)体を動かす

SAVERSのなかでももっとも時間調整がしやすいパートかもしれません。これも、一日の終わりにしようと思うとしんどくてできないこともあるパート。朝のうちに体を動かして健やかな体作りをしておきましょう♪

Talk women01

時間に余裕があれば、屋外でのウォーキングやランニングも良いですね。

Reading(リーディング)読書する

読書も、夜終業後にしようと思っても夕飯の支度や家事、子供との時間などで時間が取りにくいものですよね。自己啓発ものだけでなく語学や美容など、自分の気になるジャンルのものをどんどん読みましょう。朝10分だけ時間をとって読書するだけでも、教養が深まるだけでなく新しいアイデアに触れられることも♪

Scribing(スクライビング)記録する

前日学んだことや起こったこと、これからやってみたいこと、記憶に刻まれた言葉などを綴っておきましょう。普通の日記でもOKです。自分が感じたことや思ったことを言語化して残しておくことで、理想と現実がはっきりわかることもあるかと思います。このギャップがはっきりすれば、今後やるべきことが見え、日々のモチベーションに繋がることでしょう。

最初はなんだか恥ずかしい?でもまずは10日続けてみよう

理想の自分に近くための潜在意識を磨ける朝活「モーニングメソッド」についてご紹介してきました。最初は「なんだか恥ずかしい…」「私は何をしてるんだろう?」と感じるかもしれませんが、まずは10日続けてみましょう。ポイントは朝をポジティブな気持ちで過ごすこと。時間が足りない時は各メソッド1分〜2分程度でもOKです。

少し体が軽くなったり、考え方がポジティブになったかも…など、続けるうちに少しでもポジティブな変化が出てきたら、さらに理想の自分に近づくスピードが早くなるはずですよ♪目標があるけれどうまく動けていない、なんだか最近サエてない…と感じる方はぜひ実践してみてくださいね。

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没しています。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧