明日から”オシャレの先駆者”と呼ばれるかも。まわりと被りにくいダウンジャケットブランドはコレ!
OUTER
2019/10/20
45132 VIEWS

明日から”オシャレの先駆者”と呼ばれるかも。まわりと被りにくいダウンジャケットブランドはコレ!

Photo by:www.instagram.com

これからの季節に重宝するダウンジャケットって、まわりとブランドが被りがちですよね。今回は、そんなブランド被りを回避出来るダウンジャケットブランドをご紹介いたします!

ダウンジャケットこそ、早期購入が吉!

先月と比べかなり寒くなってきましたよね。冬本番の寒さは一気にやってくるものであり、寒くなってからダウンジャケットの購入を検討してからでは遅いのです。自分に合ったサイズが無かったり好きなカラーが既に売り切れていたりと、後悔した経験はありませんか?冬場のシーズンに最も活躍するダウンジャケットこそ、早めの時期に選んでおくべきなのです!

被りがちなダウンジャケットって?

モンクレール、カナダグース、ノースフェイスあたりは全ての世代に絶対的な人気があり、間違いなくブランド被りはするでしょう。またそれ以外のブランドとしてタトラスやデュベティカがありますが、それらも既に広く知られておりますので被る可能性大です。どのブランドも間違いなく素晴らしいクオリティですが、せっかくの機会、これからご紹介する「ブランド被りが起きにくい」ブランドを是非ご覧ください!

被り回避が出来るダウンジャケットはコレだ!!

⒈ピレネックス(PYRENEX)

国内のセレクトショップに置かれるようになりここ数年でかなり知名度を上げてきたピレネックス(PYRENEX)ですが、実はまだまだ知らない人は多くいます。最高級のダウンのみを使って作られたジャケットは雪山でも耐えうる防寒性を持ち、まさに良質そのもの。フランス生まれのピレネックスはお洒落なメンズのみ知っている、確かなブランドなのです。

⒉ウールリッチ(WOOL RICH)

バッファローチェックをトレードマークとし、アメカジスタイルの定番として古くから愛されているウールリッチ。ブランド知名度は凄いですが、意外と「ウールリッチのダウンジャケットを着ている」と言う方は実は少ないのです。近年では時代のトレンドに合わせるようにハイテク素材も多く使われ、若者たちにも注目されつつあるブランドに。アメリカンサイズが基本ですので、大柄なメンズにもオススメなブランドです。

⒊ムーレー(MOORER)

2006年ブランドスタートと歴史は浅いながら、MADE IN ITALYと最高品質にこだわり人気を集めているムーレー(MOORER)。国際機関より、95%以上ダウンで構成されている証の規格「UNI EN 12934」を認定されていたりと、とにかく品質に強いこだわりを持っているブランドです。美しいシルエットはもちろん、品質面でも語れるストーリーが多いムーレー(MOORER)は被り回避のブランドとして最適。

まとめ

決して安い買い物ではないダウンジャケット選び。今回ご紹介したブランド意外にも、まだまだ魅力的なブランドはたくさんあるので、是非次回をお楽しみに♪周りとブランド被りしにくいダウンジャケットを着て、貴方だけの秋冬ファッションを楽しんでください!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Yuya888

EDITOR / Yuya888

ファッションカメラマン、アパレルトレンドリサーチ&マーケティング、PRADA、ファッション雑貨 etc…

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧