【ファッショニスタがリアル惚れ】《The Row(ザ・ロウ)》の「ジップト ブーツ」。オンオフ使える冬の定番
2021/01/30
2021 VIEWS

【ファッショニスタがリアル惚れ】《The Row(ザ・ロウ)》の「ジップト ブーツ」。オンオフ使える冬の定番

Photo by:www.instagram.com

ファッショニスタの中でひときわ話題をさらっている《The Row(ザ・ロウ)》の「ジップト ブーツ」。人気の理由はそのエフォートレスさ。

《The Row(ザ・ロウ)》とは

幼少期より子役として活躍したアシュリー・オルセンとメアリー=ケイト・オルセンによって2006年に設立されたN.Y.発のハイセンスなラグジュアリーブランド。当初Tシャツからスタートし、その後レディ・トゥ・ウェアも手掛け2011年よりニューヨークファッションウィークに参加。現在ではアイウェア、シューズ、バッグなどを幅広く展開しています。

創業以来、最高級の素材と美しいディティール、正確無比なテーラリングを重視し、時代を超越した視点とタイムレスなタッチを融合。シンプルさがもつ強さを表現し続ける、唯一無二のブランドです。

Talk women03

そんな《The Row(ザ・ロウ)》ですが、今特に人気の的となっているのが同ブランドの「ジップト ブーツ」。センターにジッパーが施されたアイコニックなデザインがファッショニスタの中でとりわけ話題に。


▶︎「ジップト ブーツ」

こちらが話題沸騰の「ジップト ブーツ」。

❶実用的なアンクル丈

まずは何と言っても実用性のあるアッパーの長さが特徴。短すぎず長すぎないアンクルブーツ仕様で、歩きやすさはもちろん、どんなコーディネートにも合わせやすい。

❷イタリア製レザー

アッパーには上質なスムースカーフスキンレザーを使用。暖かみを感じさせるレザーはイタリアならではの繊細で独創的な手仕事により形作られ、柔らかく足に馴染みやすい。

❸センタージップ

中央にジッパーがついているので前から見ると脚長効果あり。サイドにジッパーなどの装飾がないためスッキリとして見え、クリーンな印象に。

❹ラバークレープソール

50mmある厚いクレープソールが柔らかい履き心地を叶えます。寒い冬もこれさえあれば怖いもの知らず。配慮がいき届いた滑らかなシェイプも魅力的。

Talk women03

このように、カーフスキンの高級感とソールのカジュアル感が程よくミックスされた「ジップト ブーツ」。ソールが厚いのでさりげなくスタイルアップしてくれるところも嬉しい。ここからは、ファッショニスタのおしゃれな着こなしとともにご紹介。

ファッショニスタはどう履きこなす?

Talk women01

さりげなく足元をブラッシュアップしてくれるスタイリングは必見。

オールブラックでまとめたコーデ。オーバーシルエットのニットとレザーレギンスのバランスが好相性。そこに「ジップト ブーツ」を合わせることで、縦のラインが強調され脚長効果も。


おこもり用の部屋着にも馴染むのが「ジップト ブーツ」の真骨頂。スウェットパンツと合わせてもサマになるのがマジカル。


リラクシングなニットコーデを引き締めてくれるのも嬉しい。「さあ、お出かけ!」となった時、この1足さえあればどんなカジュアルなスタイルもリュクス感を演出してくれます。


もちろんエレガントなドレスにだってしっくり。程よくカジュアル感をミックスすることで普段使いに◎。オンオフ両方で使えるデザイン性が嬉しい。

Talk women03

「ジップト ブーツ」はどんなスタイルもお手の物。1足あれば冬のお出かけは怖いもの知らず。


BUYMAで買えるジップトブーツをCHECK


ベージュも必見

Talk women03

暗くなりがちな冬のコーデに女性らしさをプラスしてくれるベージュ。もちろんオールホワイトやニュートラルなスタイリング、さらに春先にもぴったり。素敵なファッショニスタのコーディネートとともに✔️。


100%ビーガン成分を使用したスキンケアブランド「SUPEREGG」の創設者であり、ニューヨークでライセンスを取得したエステティシャンでもあるエリカ・チョイは、ホワイトのパンツをオン。同じトーンのニットカーデをオンしてリュクス&コジーなスタイリングの完成。


もちろんデニムと合わせてもOK。この時、丈が短めのクロップドパンツをチョイスするのがエディターからのアドバイス。少し長めのものであれば、ロールアップして履くのがおすすめです。


春先などには、足元を見せて抜け感をプラス。重くなりがちなブラックコーデの挿し色として、またエレガントなスカートやかっちりとしたジャケットにもしっくりくるデザインでマルチに活躍してくれること必至。

「ジップト ブーツ」を今すぐチェック

いかがでしたか?ブーツはしっかりと手入れをすれば何年も履くことができるので、今投資しておいて損のないアイテムの一つ。エレガント、ミニマル、カジュアルの三拍子が揃ったタイムレスな《The Row(ザ・ロウ)》の「ジップト ブーツ」を今すぐチェックして。

BUYMAで《The Row》の「ジップト ブーツ」をもっと見る

BUYMAでThe Row(ザロウ)のアイテムをもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

J

EDITOR / J

ファッションや美しい文化を通して、自分を愛すること。Love Yourself

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧