【プチプラ編】トレンドの厚底ブーツってどれを買うべき?超人気3ブランドを徹底比較
2021/11/21
3849 VIEWS

【プチプラ編】トレンドの厚底ブーツってどれを買うべき?超人気3ブランドを徹底比較

Photo by:www.instagram.com

今流行中の厚底ブーツ!とはいえ、どこのブランドのものをゲットすればいいか迷ったり、分からなくなったりすることもありますよね。今回は人気3ブランド(「Puma(プーマ)」、「Dr.Martens(ドクターマーチン)」、「ZARA(ザラ)」の厚底ブーツを徹底比較していきます。

どれを買えばいい?流行りの厚底ブーツ

秋冬といえばブーツは手放せない!
そして今季特にトレンドとして注目したいのが“厚底”ブーツ。

色んなブランドから流行りの厚底ブーツが出ていますが、
一体どこのブランドからチェックすべきか、そしてどんなブーツが自分に合っているか分からなくなったり、迷ったりすることありませんか?

そんな方に向けて、
今回は〜プチプラ編〜人気ブランドの厚底ブーツを徹底比較してみました!

今回のチェックポイント✔️

今回この記事でチェックするポイントは以下になります。

・素材
・長さと底の厚さ
・デザイン
・着脱のしやすさ
・値段

それでは早速みていきましょう!
あなたにぴったりな厚底ブーツは見つかるかな?

プチプラ編 厚底ブーツ早速チェック✔️

PUMA(プーマ)▶️ メイズブーツ

今絶賛SNSでバズり中の「PUMA(プーマ)」の「Mayze Boots(メイズブーツ)」。
本モデルのベースとなっている「Mayze」は、スニーカーでも人気が高く、履き心地が良く、デイリーにたくさん使えることで今話題のブーツ。

特徴

【底の厚さと筒丈】
・底の高さ:約4.5cm
・筒丈:約14cm

【素材】
・レザー、スエードの2種類のタイプあり。
・素材はどちらも天然皮革、合成繊維、ゴム。
・リサイクル繊維を使用しているため、環境への配慮もバッチリな点もポイント高い!

【デザイン】
・しっかりとボリューム感がありながらも、ミニマルなデザイン。
・「PUMA」だけど、スポーティ感がない。
・幅広いスタイルに活躍してくれる。

【着脱のしやすさ】
・伸縮性のあるプルタブがついているので、そこを引っ張るとスムーズに履ける。
・サイドゴア仕様なので、両脇が伸縮性があって脱ぐのも比較的容易。

こんなスタイルが可愛い✔️

【値段】
・BUYMA 最低価格 約 ¥15,700~
公式サイトでは売り切れ必至アイテム!
超人気アイテムなのに、2万円以内でゲットできるのは嬉しい。

キャップとシャツと合わせてモノトーンカジュアルに。
ミニマルなデザインなので、カジュアルなファッションも大人っぽく魅せることができます。

PUMA(プーマ)のブーツをもっと見る


Dr.Martens(ドクターマーチン)▶️ジェイドン

ドクターマーチンの定番 8ホールブーツと厚底ソールを組み合わせたのが「JADON(ジェイドン)」というモデル。厚底ブーツの中でも根強い人気を持つアイテムです。

特徴

【素材】
・頑丈で滑らかな牛革仕様。
・質感は光沢感も強い仕上がりのレザー。
・履けば履くほど馴染んできて、自分だけの味を楽しむことができる。

【底の厚さと筒丈】
・底の厚さ:約5cm
・筒丈:約15cm

【デザイン】
・ブランドロゴ入りのヒールループが履き口に取り付けられている。
・イエローステッチが入っているのが定番。
・重圧感のあるデザインながらも、コーデに取り入れると何故かどんな系統でもキマる。

【着脱のしやすさ】
・ブーツは内側にサイドジップが施されているため、脱ぎ履きがとても楽なこと間違いなし!

【値段】
・BUYMA 最低価格 約 ¥23,000~
PUMAよりは最低価格が高くなりますが、3万円まで行かない程度でゲットすることができます。

▼アイテムはこちら

こんなスタイルが可愛い✔️

オールブラックコーデのワンポイントにドクターマーチンのブーツを投入!
かっちりしたファッションにドクターマーチンのブーツを取り入れることで抜け感ができ、ワンランク上のお洒落が叶います。

特徴

【素材】
・アッパーは牛革とポリエステル、ソールはゴムを使用。
・重すぎず軽すぎない素材感。

プチプラの王道、そしてトレンド感抜群ブランドといえば「ZARA(ザラ)」。
いつでも流行を攻める「ZARA」ですが、今回は「レザートラックアンクルブーツ」をチェックしていきます!

【底の厚さと筒丈】
・底の厚さ:約4~5cm
・筒丈:17㎝

Dr.Martens(ドクターマーチン)のブーツをもっと見る


ZARA(ザラ)▶️レザートラックアンクルブーツ

【デザイン】
・今季らしいトラックソールによって、モード感とトレンド感たっぷりなデザイン。
・より快適な履き心地を実現するようデザインされたAIRFIT(エアフィット)を採用しており、履き心地も抜群。

こんなスタイルが可愛い✔️

【値段】
・BUYMA 最低価格 約 ¥13,900~
3つの中でも一番お求めやすい価格になっています。さすが「ZARA」ですね!

【着脱のしやすさ】
・サイドゴア仕様になってため、両サイドにストレッチの効いている分脱ぎ履きしやすい。
・プルタブが前後についているので、履く時引っ張りやすい。

ブーツにパンツをゆるくタックイン!
今季はショートブーツでもゆるくタックインするスタイルが大流行中。
筒丈が他より少し長いこちらのブーツなら、こういったスタイルもサマになります。

ZARA(ザラ)のブーツをもっと見る

全ブランドのまとめ

素材と長さ比べ✔️

【アッパーの素材】
Puma:天然皮革+合成繊維+ゴム
Dr.Martens:牛革
ZARA:牛革+ポリエステル

【底の厚さ】
一番低い:Puma (4.5cm)
一番高い:Dr.Martens(5cm)

【筒丈】
一番短い:Puma (約14cm)
一番長い:ZARA (約17cm)

五つ星で比較✔️

とりあえず迷ったら平均値の「Puma」がおすすめ

【Puma】
素材の高級感 :★★★
着脱のしやすさ:★★★
王道モデル :★★★
トレンド感 :★★★
値段 :★★★★

着脱◎、王道感と高級感を求めるなら「Dr.Marten」

【Dr.Martens】
素材の高級感 :★★★★★
着脱のしやすさ:★★★★★
王道モデル :★★★★★
トレンド感 :★★
値段 :★★

抜群のトレンド感と値段のお求めやすさなら「ZARA」

【ZARA】
素材の高級感 :★★★
着脱のしやすさ:★★★★
王道モデル :★★★
トレンド感 :★★★★★
値段 :★★★★★

この子を買ってよかった♡

人気ブランド3つの徹底比較はいかがでしたか?
プチプラでもブランドごとで特徴があるのが面白いし、選び甲斐がありますよね。

今季こそ、あなたにぴったりな秋冬の一足が見つかりますように…♡

厚底ブーツをもっと見る

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS編集部 2021/11/25更新,   初回公開日2021/11/21

miki

EDITOR / miki

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧