ブルーな生理中も自分らしく、おしゃれに、快適に。みんなに自慢したくなる「月経カップ」3選
2022/04/06
1562 VIEWS

ブルーな生理中も自分らしく、おしゃれに、快適に。みんなに自慢したくなる「月経カップ」3選

Photo by:www.pexels.com

吸水ショーツやデリケートゾーン用のケア製品などが続々と登場し、世界中で盛り上がりを見せている“フェムテック市場”。そこで今回は、周りに自慢したくなるようなパッケージデザインと、便利な機能性を兼ね備えた「月経カップ」を4つお届けします。

「月経カップ」が生理のゲームチェンジャーになる !

ここ数年、日本でも“第3の生理用品”として注目を集めている「月経カップ」は、まだ使ってみる勇気が出ない方や、使用していることを周りに知られるのが少し恥ずかしいと思っている方が大半。

ですが「月経カップ」を取り入れることで、ヨガやトレーニングをいつも通りに楽しみたいときや、子供と一緒にお風呂に入るとき、旅行先や職場でなかなかお手洗いへ頻繁に行けないときなど、生理中だと不便に感じてしまう場面でもストレスなく快適に過ごすことができます。

膣内に「月経カップ」を挿入して経血を溜めてから一定時間おき、経血が溜まったら捨ててまた装着するだけと簡単な使用方法で、繰り返し使うことができ、一般的に8〜12時間の利用が可能となっているため就寝中に利用する方も。

Talk women01

同じように膣内に挿入する「タンポン」と違って、膣内から水分など余計なものを吸い取ることなく、体外に取り出すための紐が落ちてこないため清潔で、空気に触れずに膣内で経血を溜めることから嫌な匂いが発生しにくいというのも「月経カップ」の大きな魅力。
さらに近年では、様々な海外ブランドから“パケ買い”したくなるようなデザインが施された「月経カップ」が登場していますので、使ってみない手はありませんね !

Talk women02

毎月の生理用品のゴミを大幅に削減することができるため地球環境にも優しく、防災時にも活躍してくれます ‼︎

みんなに自慢したくなる「月経カップ」 ①

TOM Organic (トム オーガニック)

オーストラリア発のブランド“TOM Organic (トムオーガニック)”が手掛ける、こちらの100%医療用シリコン製の月経カップ(THE PERIOD CUP)は、一日最大8時間の着用が可能で、指で持ちやすいよう2箇所にくぼみがあるため着脱しやすいのが魅力です。

付属の「洗浄ケース」のなかに使用済みの月経カップと水を入れ、電子レンジで60秒加熱するだけで簡単に消毒することができ、外箱には100%リサイクル可能な素材を採用するなど環境への配慮も申し分なし。
月経カップの色味は洗練された印象のピンクベージュで、オーガニックコットン製のミニポーチが付いているのも嬉しいポイントです。

みんなに自慢したくなる「月経カップ」②

LUMMA (ルマ)

アメリカ発の日本未上陸ブランド“LUMMA (ルマ)”が手掛けるこちらの月経カップ(Reusable Menstrual Cup)は、安全で柔らかな医療用シリコンを100%使用し、心が浮き立つ色鮮やかなデザインが施された、生理用品とは思えない見た目が他にはない魅力。

月経カップのデザインはお好みに合わせて「透明」「ユニコーン」「ピンクラブ」の3種類から、サイズは膣内の大きさや経血の量に合わせて選ぶことができるよう、SからHB+まで10種類の幅広いサイズ展開となっています。

みんなに自慢したくなる「月経カップ」③

INTIMINA (インティミナ)

性教育先進国のスウェーデンで生まれたブランド“ INTIMINA (インティミナ)”が手掛けるこちらの月経カップ(Lily Cup™Compact)は、適度な柔らかさがある医療用シリコン100%から製作されているため着脱がスムーズで、一日最大8時間まで装着することができ、折り畳んで付属のケースに収納することができ持ち運びにも最適です。

出産経験の有無に合わせて選ぶことができる2種類のサイズ展開で、それぞれ「パステルピンク」「ショッキングピンク」の心躍るカラーデザインになっています。

「月経カップ」のお手入れ方法は、とても簡単 !

Talk women01

繰り返し使うことができる月経カップは生理周期が終わるごとに、容器のなかに「水」と「月経カップ」を入れて電子レンジで数分加熱するか、熱湯を注いで煮沸消毒を行うだけでお手入れが完了。
その後は、清潔なタオルやキッチンペーパーなどで水気をしっかりと拭き取り、専用袋やケースに入れて保管しておきましょう。

Talk women02

月経カップのお手入れを行う際は、肌トラブルを引き起こす恐れがあるため「漂白剤」「アルコール」「食器用洗剤」などの使用は避けるのがベター。

いかがでしたか ?

頭痛やイライラなど、月の約1/4以上が辛い生理に支配されている女性の身体。
周りから羨ましがられるような機能的でお洒落な「月経カップ」を活用して、女性であることを謳歌しながら快適な日々を送りましょう。

フェムテックをもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

NTM

EDITOR / NTM

元👉外資系化粧品メーカー美容部員
Make/Skincare/Perfume 海外化粧品マニア ♡
✏>>>> Beauty lighter

関連記事一覧