そのメガネはダサいかも? プライベートに使いたいおしゃれな大人メガネの選び方
2022/08/22
1726 VIEWS

そのメガネはダサいかも? プライベートに使いたいおしゃれな大人メガネの選び方

Photo by:www.buyma.com

実用性だけでなく、ファッションアイコンとしても愛用者に多いメガネ。ですが、自分に合ったメガネ選びにはコツがあります。今回は、大人のおしゃれメガネ選びに欠かせないポイントを解説します。

おしゃれメガネの3原則

おしゃれメガネ選びには、欠かすことのできない3つの大原則が存在します。メガネを購入する際には、以下の点に意識を配りましょう。

サイズ

メガネ選びにおいて、最も重要な要素です。具体的には、「瞳孔間距離」に合ったメガネを選ぶことが大切です。瞳孔間距離とは、左右の瞳の中心から中心を結んだ直線距離を指します。この距離はメガネの片レンズ+ブリッジ幅を足した数字とイコールとなっています。

例:瞳孔間距離が64mm=メガネサイズ42□22

自分の瞳孔間距離を把握しておけば、自分に合ったサイズのメガネを選択することができます。サイズのあったメガネであれば、レンズの中心に瞳がしっかりと収まります。

シェイプ

シェイプとはメガネの形状のことです。オーソドックスなシェイプであれば顔立ちを選びませんが、個性的なシェイプのメガネは顔や輪郭を選びます。試着を繰り返し、顔馴染みの良い一本を選択しましょう。

カラー

ブラックやブラウン、クリアレンズなど、比較的汎用性の高いカラーであれば安全です。ビタミンカラーや、派手な柄物など、インパクトの強い一本は、コーディネートの難易度を上げてしまうでしょう。

メガネをもっと見る

薄いカラーランズでおしゃれ度UP

プライベート使用のメガネであれば、カラーレンズでおしゃれ度UPを狙ってみるのもオススメです。

レンズのカラーや濃度には、細かい種類が存在します。カラーレンズ初心者であれば、「瞳が見える濃度」がオススメです。濃度15%〜25%程度のカラーレンズであれば、威圧的な印象を与えることはありません。

カラーはグレー系やブラウン系がオススメです。どのようなコーディネートにも合わせやすく、汎用性の高いカラーです。

サングラスをもっと見る

オススメブランド3選

おしゃれメガネを選ぶ際に、オススメできる代表的なブランドをご紹介します。

MOSCOT

日本におけるクラシックメガネの火付け役であるモスコット。ニューヨーク生まれのモスコットの代名詞といえば、ウェリントンタイプのクラシックフレームです。日本にも路面店が進出しており、手に入りやすい点も魅力的なブランドです。

TART OPTICAL

モスコットと人気を二分するブランドが、タートオプティカルです。アメリカ生まれの同ブランドは、世界的に著名な名優たちが愛用したことでも知られています。現在では、創業当時のデザインを復刻した「ジュリアスタートオプティカル」が人気を博しています。

EYEVAN

着るメガネをコンセプトに産声をあげたアイバンは、国内のブランドです。2003年に一時展開を休止した同ブランドですが、2013年には「アイバン7285」をスタート。国内外でも注目を浴びている、国内屈指のメガネブランドです。

ワードローブにお気に入りの一本を

メガネはおしゃれ感をUPできる便利なファッションアイテムです。自分自身の骨格や顔立ちにあったメガネを見つけ、ワードローブに加えてみてはいかがでしょうか?

メガネ・サングラスをもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ICHI

EDITOR / ICHI

フリーランスWebライター。元セレクトショップ店員。30代MEN。大人のオシャレをメインテーマに執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧