オフィスカジュアルってどんな格好? 明日から使えるメンズガイドライン
2022/12/23
938 VIEWS

オフィスカジュアルってどんな格好? 明日から使えるメンズガイドライン

Photo by:www.buyma.com

最近では広く浸透しているオフィスカジュアル。ですが、具体的なコーデ基準を知っている方は少ないかもしれません。そこで今回は、メンズにおけるオフィスカジュアルコーデの基準を解説します。

オフィスカジュアルに定義はない

実は「オフィスカジュアル」に明確な定義はありません。オフィスカジュアルとは、スーツスタイルよりもカジュアルであり、プライベートスタイルよりもフォーマルなファッションを指しています。ルールや規定は各企業によって異なり、基準はありませんが、常識的な範囲は決まっています。

一般的には、「ノーネクタイ」が基本とされているオフィスカジュアル。ただし、企業や業界によって、もう少しラフな格好まで許容されているでしょう。以下に、一般論としてのオフィスカジュアルアイテムについて記載していきます。

オフィスカジュアルのNGアイテム

オフィスカジュアルに相応しくない、代表的なアイテムを選定しました。

カットソーやタンクトップなど、襟のないアイテムはカジュアルに傾倒しすぎています。薄着の時期には、特に注意が必要です。ただし、アウターにジャケットやシャツを羽織る場合には、問題ないでしょう。

襟のないトップス

MSGM × ロンT一覧

デニム

デニムはカジュアルアイテムの代名詞です。デニムはインパクトが強く、ボトムスに合わせるだけで全体がカジュアルダウンして見えます。職場には相応しくないアイテムです。

Levi's × デニム一覧

過剰な装飾やカラーリングアイテム

ビタミンカラーアイテムや、派手な装飾が施されたアイテムも、職場には相応しくありません。できるだけ落ち着いた色味や、デザインのアイテムを選択しましょう。

AMI PARIS × Tシャツ一覧

オフィスカジュアルのオススメアイテム

オフィスカジュアルにオススメのアイテムをご紹介します。

テーラードジャケット

テーラードジャケットは、フォーマル・カジュアルどちらにも使い勝手の良い万能アイテムです。迷ったらジャケットを羽織っておけばOKというほど便利なアイテムですので、ぜひゲットしておきましょう。

LARDINI × テーラードジャケット一覧

テーラードジャケットをもっと見る

ポロシャツ

夏場には特に活躍します。シャツに比べて柔らかい印象を与えてくれるポロシャツは、オフィスカジュアルスタイルにぴったりです。

FRED PERRY × ポロシャツ一覧

ポロシャツをもっと見る

スラックス

ボトムスに迷ったらスラックスを選択しましょう。オススメはグレーやチャコール系の色味。ブラックのように硬い印象を与えず、適度なカジュアル感を演出できます。

INCOTEX × スラックス一覧

スラックスをもっと見る

ローファー

足元に迷ったらローファーがオススメです。ビジネスシューズほど堅苦しくなく、スニーカーほどラフでもない、ちょうど良い塩梅のシューズです。

Crockett&Jones × ローファー一覧

ローファーをもっと見る

職場によって使い分けたいアイテム

とは言っても、ご自身が働く環境における規則は確認しなければなりません。以下に紹介するのは、ルールや規則によって必要性が異なるアイテムたちです。

シャツ

「ネクタイはしなくてもいいけど、シャツは着てね」という企業もあります。そんな時は、白シャツや淡いカラーのシャツを準備しておきましょう。濃いカラーシャツやボタンダウンシャツは、カジュアルアイテムです。選択する際は注意が必要です。

Finamore × シャツ一覧

シャツをもっと見る

ネクタイ

ノーネクタイ=オフィスカジュアルというイメージがありますが、ネクタイスタイルでもオフィスカジュアルは成立します。素材やデザイン、カラーをカジュアル寄りにすることで、ネクタイスタイルにおけるオフィスカジュアルを楽しむこともできるのです。

GIVENCHY × ネクタイ一覧

ネクタイをもっと見る

革靴

スニーカーでもOKというルールがない場合には、必要になるでしょう。革靴は種類が豊富であり、型によってカジュアル〜ビジネス向けのアイテムに細かく分かれています。「ストレートチップ」や「セミブローグ」であれば、幅広いビジネスシーンに対応できます。

ALDEN × 革靴一覧

革靴をもっと見る

基準に合わせて臨機応変に

一概にオフィスカジュアルといっても、その定義は企業や環境によって様々です。着こなしに迷う場合には、ビジネスシーンで着用しても問題ないアイテムを基準に考えましょう。「スーツスタイルを少しだけ着崩す」というイメージを持って対応すると良いでしょう。

ビジネス向けメンズファッションをもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS編集部 2022/12/23更新,   初回公開日2022/12/23

ICHI

EDITOR / ICHI

フリーランスWebライター。元セレクトショップ店員。30代MEN。大人のオシャレをメインテーマに執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧