CHANEL(シャネル) 「メティエダール」コレクション 2022/23年が東京で開催
2023/07/18
1857 VIEWS

CHANEL(シャネル) 「メティエダール」コレクション 2022/23年が東京で開催

Photo by:www.buyma.com

毎年6月、脈々と受け継がれる匠の技術を惜しみなく注ぎ込むメティエダールコレクションを開催するCHANEL(シャネル)。2023年、メゾンが誇る技術が結集したそのショーを東京で開催しました。

INDEX

 

CHANEL(シャネル)のクリエイションが来日

CHANEL(シャネル)と日本が長らく築き上げてきた揺らぐことのない関係性。それを象徴するかのように、2022/23年のメティエダールコレクションのショーが東京にて再演されました。

メティエダールコレクションって何?

メティエダールとは(Metier d'art)とは、直訳すると「匠の芸術」。世界でも数少ない熟練の職人のみが持つ貴重な技術を惜しみなく披露するコレクションの総称です。

特にハイブランドにおいては、匠による伝統技のことを「サヴォアフェール(savoire faire)」といいます。その存続と未来への継承、発展に注力しているブランドのひとつであるシャネルは、守るべき技術を結集させたコレクションを「メティエダール」と称し、毎年6月にショーという形で披露しているのです。

2022/23年コレクションが東京で開催

1970年代のスピリットが息づくユニークなコレクション

2022年12月に西アフリカの地ダカールで開催された今コレクションは、アフリカやそこに暮らす人々の持つエナジェティックなパッションだけでなく、明るさがありながら温厚な彼らの性格をも垣間見ることができます。

そこに投影されるのは、受け継がれる職人技。ふんだんに取り入れられた深みのある暖色や、幾何学模様を描く刺繍、精巧に仕上げられたツイードなどが見事に調和しています。

BLACKPINKのジェニも来日

東京のダンサーたちも参加したディミトリ・シャンブランスのダンスプロジェクト「スロー ショー」がオープニングを飾り、続いてジェニー、NIXなどがパフォーマンスを披露。韓国の人気俳優パク・ソジュンも来日し華を添えました。

注目アイテムはこちら

Talk women01

メティエダールコレクションだけでなく、全てのアイテムにはもちろんシャネルが誇る伝統の技が用いられているのよ。

フットベットサンダル

海外のおしゃれさんたちがこぞって履いている歩きやすさ抜群のフットベットサンダルは、デイリーでもリゾートでも履きたい最高におしゃれでリラクシングな一足。

CHANEL サンダル一覧


バレエシューズ

シャネルロゴに心ときめく定番フラットシューズは、シックなワントーンはもちろん、ベージュなどとのバイカラーも狙い目です。

CHANEL バレエシューズ一覧


チェーンクラッチ

人生で一度は欲しいマトラッセ。チェーンクラッチはミニサイズなので、一つ持っているといざという時や華やかな場面で使えること請け合いです。

マトラッセ チェーンクラッチバッグ一覧


ピアス

なかなか手が届きにくいシャネルですが、ピアスならおねだりプレゼントとして最適♡お守りのように毎日つけたくなるアクセサリーです。

CHANEL ピアス一覧


ウォレット・カードケース

毎日持ち歩くウォレットやカードケースも、お守りと言うに十分すぎるアイテム。一度ゲットすれば一生ものとして使えること間違いなしです。

CHANEL 財布・カードケース一覧

CHANEL(シャネル)のクリエイションを楽しみたい

今回は、メティエダールコレクションとは何かというところからおすすめアイテムも併せて紹介しましたが、いかがでしたか?

メティエダールコレクションを通して培ってきた技術やクリエイションを讃えるさま、古きを重んじつつチャレンジングなことに取り組む姿勢には脱帽の思いすら覚えるとともに、このアティチュードを国として体現するのはまさしく日本であるとも感じます。

だからこそ、シャネルと日本はいつまでも共鳴し合い、お互いの歩みは今後も止まることはないのです。

CHANELのアイテムをもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

J

EDITOR / J

ファッションや美しい文化を通して、自分を愛すること。#Love Yourself

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧