【オールブラック】コーデが返り咲き。強く生きる女性のシンボル
2022/10/17
1786 VIEWS

【オールブラック】コーデが返り咲き。強く生きる女性のシンボル

Photo by:cubki.jp

2022年秋冬、それぞれのファッションシーンからエディターが汲み取ったメッセージの一つは「インディペンデントウーマン」。文字通り、強い意志を心に宿し生きる女性のことです。そんな女性像をファッションで表現するなら、オールブラックコーデで決まり。

Talk women01

今季はディオール、ヴァレンティノ、クロエなど様々なハイファッションシーンでブラックを基調にしたスタイリングが登場。

環境への意識が高まりを見せた昨年はキャメルやブラウン、カーキなどのアースカラーが冬のトレンドを席巻していましたが、2022年秋冬シーズンは「強い女性像」を想起させるかっこいいオールブラックコーデがトレンド入り必至です。

もちろんブラックはトレンドに関係ない色味ですが、特にオールブラックは「ちょっとモードすぎる…」と嫌厭(けんえん)している人もいるかもしれません。ですが、今年は存分に楽しんでほしい!!

Talk women01

という理由で、これからお洒落ファッショニスタたちのコーディネートを4つのシーン別でご紹介。重くなりすぎないコツや着こなしのヒントなども併せてメンションしちゃいます♡

【シーン1】ちょっと外出・お買い物

Talk women01

ポンチョ風アウターでバナル(平凡)感を吹き飛ばす!

特にこれといって大きな用事もないワンマイルコーデは、もちろん外見に気を遣っているけれど気張りすぎずリラックスしていられるスタイルがいいですよね。

EDITOR’S SELECT☟

歩きやすさ重視のハイブーツとデニムの定番ボトムスタイルには、ポンチョ風アウターでやりすぎないお洒落感を叶えて。

ブラックのポンチョをもっと見る

【シーン2】彼や友人とお出かけ

Talk women01

スリットでY2Kをフィーバーさせて♡

髪の毛が黒い日本人にとってオールブラックは、ともすれば少し怖い印象を与えがち。そこで肌見せしてぬけ感を演出すると乙。Y2Kが熱い今だからこそぜひチャレンジしてみて!

EDITOR’S SELECT☟

重さを軽減するために、サングラスや光り物でアクセサライズすることでゴージャス感を出すこともできます♡

ブラックのスカートをもっと見る

【シーン3】1人でぶらりカフェ

Talk women01

子育てママさんのお出かけスタイルにも♡

「ちょっと1人でウィンドーショッピングを」「行きつけのカフェで読みたかった本を読みに」といった時は、とことんカジュアルに!挿し色にホワイトをプラスして野暮ったさから抜け出して。

トレーナーはスポーティーすぎるかもという貴女は、ちょっぴりスラウチーなニットやパワーショルダートップスをチョイスしてみて◎。

EDITOR’S SELECT☟

トップスをもっと見る

【シーン4】遠出・旅行

Talk women01

旅先ではコジーで疲れないスタイルがお約束♡

最後はマキシワンピコーデをピックアップ。ワンピースの良さは、何と言っても上下の組み合わせを考えることなく1枚でさらりと決まること。何も考えずただ袖を通すだけでお洒落に決まってしまうのです。

ニットなら畳んでもシワになりにくく、ブラックなら汚れも目立ちにくいのでまさしく旅にもってこい。もちろん旅先だけでなくどんなシーンでもオールラウンダーに活躍してくれます。

EDITOR’S SELECT☟

ブラックのニットワンピースをもっと見る

いかがでしたか?

Talk women01

2022年秋冬シーズンはオールブラックがいつになく気分。シーンごとで紹介したお手本コーデを参考に、ぜひ貴女らしいオールブラックコーデを楽しんでくださいね♡

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS編集部 2022/10/17更新,   初回公開日2022/10/17

J

EDITOR / J

ファッションや美しい文化を通して、自分を愛すること。#Love Yourself

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧